12月20日〜26日

12月20日〜26日の景品[越ノ忍ウイスキー]

たばこに似合うスピリッツ[越ノ忍ウイスキー]

たばこを喫うシーンとお酒は、ある意味で切り離せません
たとえば数多くの「名作」と呼ばれる映画の「名シーン」では、
たばことお酒は「共演」をはたしています。

その中でも、相性のよさはやはりウイスキーでしょう。
そこで、今回は、銀座のWINE&CIGERバー、FILLERSの鈴木さんのご紹介で、
忍蒸溜所ピュアモルトウイスキーをお届けします。

Point!
・サンフランシスコワールド・スピリッツコンペティション2019金賞受賞
・海外の蒸留所から原酒を輸入し、新潟でミズナラの樽で熟成させ国産としています。
・製造している会社がもともとビール生産工場
・販売の9割が海外へ輸出ということで、日本ではなかなか目にしない希少品
・今回プレゼントするのは10年物のピュアモルトになります。

忍蒸溜所とは?

20年の歴史を持つクラフトビール醸造所「新潟麦酒」の宇佐美健氏が設立した蒸溜所です。

もともと、新潟県には“3つの白い宝物”があると言われます。
それは「雪」「米」「酒」。
この「酒」を支える素材として、
湧き出る「清水」が重要な役割を果たしています。
宇佐美氏が夢見たのは、その清水を使い、
スピリッツ愛好家達へ質の高いウイスキーを提供することでした。
こうして、新潟麦酒敷地内に設立されたのが忍蒸溜所なのです。

日本特有のミズナラ樽を使用

ウイスキーの貯蔵には、シェリー樽などが一般的に用いられます。
しかし、シェリーは輸入材なので、戦中〜戦後にかけて輸入が難しくなります。
そこで、日本国内のさまざまなオーク材が試され、
選ばれたのが、オークの一種「ミズナラ」でした。

白檀(びゃくだん)や伽羅(きゃら)といった高級香木
を彷彿とさせる香りが特徴です。

日本特有ともいえるこのミズナラ樽は、
ジャパニーズオーク」とも呼ばれ、
世界中のウイスキー愛好家に注目されています。

今回は10年ものの忍ビンテージ版をチョイス

ピュアモルト、ブレンデッド、ノンエージ、ヴィンテージと
いくつかのラインナップがある忍蒸溜所のウイスキーから
今回はピュアモルトの10年ものをチョイス。

こちらは、シェリー酒やバーボンで使用した樽で
10年以上熟成された最高峰の原酒を慎重に選び抜き、
日本でも大変貴重なミズナラオークでフィニッシュしたもので、
着色なしの自然な色合いです。

各種コンテストで金賞受賞の実力

肝心の味は?香りは?たばことの相性は?

いろいろ気になるところですが、
複数のコンテストで金賞受賞の実績は伊達ではありません。

「独特な香りが融合している。滑らかで飲みやすい」 海外輸入業者
ミズナラ樽の特徴が香り。この香りがしっかり感じることができ、味も良い。価格的には高い分野に入るかもしれないが、その価値はある」 銀座のシガーバーFILLERSのマスター


たばことの相性はどうなの?

「たばこに合うというと、スモーキー系のモルトか香り高めのバーボン。完全に映画の影響ですね(007/wもちろんショーンコネリー)。だと、アイラ系シングルモルト一択。そんなイメージでしたが、この忍、ミズナラ特有の香りと甘い余韻があり、飲みやすいウイスキーです。こういう癖のないジャパニーズウイスキーならどんなたばこでも上手く合わせそうですね」 FILLERS来訪客

たばことともにミズナラの香りをお楽しみください

今回、お届けするのは、忍ウイスキーのピュアモルト10年。

公式のテイスティングノートが以下。

フレッシュな樽由来の花蜜とバニラの香り。持続するウッディー香、すっきりとした水飴のような甘み。花蜜、軽いシトラスフルーツミズナラオークコーヒー、ミディアム、ウッディー、後味は水飴のような甘み

このテイストで、是非、あなたのケムールシーンを豊かにしてください。

※応募にあたっては、お名前、性別、年齢、ご住所、メールアドレスなどの登録が必要になります。※応募いただいた方には弊サイト及び運営会社よりアンケートなどのご連絡をさしあげることがあります。※当選者への発送をもって抽選の発表とさせていただきます。

★この景品の発送は2021年1月第2週以降になります。

今週のプレゼント