ケムール毎週当たるプレゼント!10/31〜11/6| シティーハンター漫画全巻セット【1名様】

今週の「ケムール毎週当たるプレゼント」はあの往年の超名作漫画「シティーハンター」全巻セットです!
全巻です全巻!第1巻から第29巻までのまとめて大人セットを抽選で1名様にお届けします

今スグ 申し込みたい方は下のボタンから!

応募期間中の申込者から抽選で1名様にプレゼント
ページ最下部の但し書きをご了承の上、応募してください
応募受付期間10月31日〜11月6日

シティーハンター全巻セット

「シティーハンター」・・そう、あの漫画の・・・もちろんご存知ですよね。

んっ、まさか、ご存知でない?

そういう方がいても不思議ではありません。だって、もともと「週刊少年ジャンプ」に連載されたのは1985年から1991年まで。つまり、連載が終了してからすでに30年経っているのです。連載時を知らない人が大勢いるのです。大勢? すみません、大雑把すぎました。正確にいえば連載が終わった1991年から2019年までの間に30,662,751人もの日本人が生まれているのです。そりゃあ、知らない人がいて不思議はありません。なので知らない方でも欲しくなっちゃうように説明しますよ。しか〜し、ケムールの読者の多くは、知っているはず。

なぜか?

ラッキーストライクを喫っている冴羽獠がかっこいいから

シティーハンター全巻セット

全方向の無制限人気キャラ 冴羽獠

「シティーハンター」の人気の高さを示す指標のひとつが、5,000万部を超える発行部数です。でも、もちろんそれだけではありません。

・連載中からテレビアニメ
・さらに劇場版アニメが1989年から2019にわたって合計4作
・そして1993年には実写映画
・2019年 フランスで実写映画化
・今年(2021年)には宝塚歌劇団のミュージカル『CITY HUNTER』

と、まあトロフィーがたくさん並べられるわけです。
今年36周年を迎えながら、今も衰えない人気の秘密・・・それは主人公・冴羽遼の魅力にあります。

年代を超える人気

「週刊少年ジャンプ」はそもそも少年誌です。小学生や中学生も高校生も読みます。そして大学生も社会人も読んでいました。それだけ幅広い年代層が読み、毎週アンケートで不評だと連載を打ち切られるという過酷なメディアで長年にわたって掲載されてきたということは、それだけ幅広い年齢層に支持されているわけです。
さらに、連載が終わったあとも、どんどん新しいファンを獲得しています。リアルタイムで愛読していた層は40代から50代になりますが、現在、20代、30代のファンもたくさんいます。
それもひとえに、冴羽遼のキャラのおかげ。超凄腕の拳銃使いでありながら、エッチな三枚目でもある・・次元大介とルパン三世の合体? あるいは、ゴルゴ13と志村けんのフュージョン?

国境を超える人気

アニメになったシティーハンターは、世界中で放映されます。そして大人気になり、元祖漫画版のファンも増えます。2019年のフランス版実写映画「シティーハンター」は、元祖漫画版へのリスペクトがあふれた作りで、ジャッキー・チェンが演じた実写版と比べ、「原作への愛を感じる」という声が多くあがりました。あのキャラは、ヨーロッパでも愛されているんですね。

性別を超える人気

「少年ジャンプ」は少年誌、だからシティーハンターのファンは男子ばかり・・・そんな決めつけは早計です。女性のファン、それもかなり熱いファンもたくさんいるのです。たとえば、こんな方もいます。

冴羽獠がそばにいては結婚生活に集中できないと、実家を出る前にコミックスを全て手放したのは、懐かしい思い出です(結局全巻買い直しましたが……)。つまり何が言いたいのかというと、『シティーハンター』は最高の作品であり、冴羽獠は最高の男なんです。

「冴羽獠がいると結婚生活に集中できない」といって、「持っていたコミックをすべて手放す」ですよ!実生活にも影響を与えるほどの魅力なわけです。

いかがでしょう。まさにあらゆる垣根を越えた無制限の魅力ではないですか!

全巻セットの物理的存在感は所有の喜びを感じられます

大人の鑑賞にも耐えるストーリー性や感動的な名シーンもたくさん

「シティーハンター」の面白さは、主人公や登場人物のキャラだけではありません。その(時にシリアスな)ストーリーにも惹きつけられます。

「シティーハンター」のヒロインといえば槇村香ですが、その兄が槇村秀幸。強い正義感を持った冴羽獠の相棒役が、ストーリーの序盤(全巻セット中第1巻)で殺されてしまうことが、後の冴羽獠・槇村香の関係性に深みを与えています。その槇村秀幸の最後のシーン(第1巻第6話「恐怖のエンジェルダスト」)→槇村を殺した麻薬王に挑む冴羽獠冴羽遼をかばって死んでしまう組織に雇われた美女(第7話「死のブラックリスト」)→兄の死を告げられながら「この街」で冴羽獠の新相棒になる決意をした槇村香(第8話「ステキな相棒」)・・・というあたりは第1巻のハイライトといっていいでしょう。

幼少時の過酷な運命ゆえ「自身の年齢を知らない。自分の誕生日も知らない」という冴羽遼に対して香が「あたしがあんたの誕生日を作ってあげるわ。これからはあんたの誕生日は3月26日に決めたからね」「これから毎年、その日にあたしが両親の代わりに祝ってあげるわ。ありがたく思いなさい」と声をかけるシーン(第18巻第196話「ふりかえったO・SHI・RI」)にもグッときます。

他にも、冴羽獠を殺すために来日したかつての相棒・ミック・エンジェル槇村香への恋のアタックからの槇村香VSミックの決闘、そして「これをパートナーとして受け取って欲しい」と調整済みの拳銃を香にわたす冴羽獠、それを涙ながらに受け取る香(第26巻第294話 「遼のマブダチ」〜)というシーンも感動的。さらにその後、ミックが乗った飛行機が組織から爆破され、本当の「エンジェル」になってしまう展開には涙・・・・(第27巻第304話 「兄の分身」〜)。

また、冴羽獠VS海坊主の決闘(第22巻第254話「賽は投げられた」〜第23巻第257話「勝敗の行方」)の場面に胸をドキドキさせた読者も少なくないでしょう。

こういったシーンを読みそこねた方は、是非、今回のプレゼント「全巻セット」を申し込みましょう。
こういうシーンがあったことを覚えているけれど、もう一度読んで感動したい泣きたい笑いたい! という方も、是非、今回の「全巻セット」を申し込みましょう。

シティーハンター原作漫画の最終話はどんな結末だった?

ところで、シティーハンターの最終話って覚えてます?

スラムダンクの最後→花道のタイムアップ寸前の奇跡のシュートで山王に勝利するも湘北はそこで力尽きる
幽遊白書の最後→屋台を始めた幽助のラーメンを螢子が食べ、二人が結ばれる雰囲気を感じさせる平和なシーン
鉄腕アトムの最後→人類を救うために太陽に飛び込みます(古っ!)

ところで、シティーハンターは?

最終巻の第29巻には10話が収録されていますが、第333話「ウエディング・ベル」は海坊主の結婚式。そして第334話のタイトルが「血染めのブーケ」あら〜、海坊主の結婚式でなにが起きたんでしょう! 

次の第335話が「何が何でも・・・!!」、ん〜、気になります。そして、336話が最終話・・・・。海坊主の結婚式があって、そのブーケが血に染まって、なにがなにやらで最終話、どう収まってるんでしょうか?

さあ〜、それがりたい方い出したい方もう一度動したい方、もう一度きたい方、もう一度いたい方、そうです、あなた!ずぇひとも、いや是非、この「全巻セット」をお申し込みください。応募者の中から抽選で1名様にこの「シティーハンター」の全巻セットをプレゼントいたします!

申し込みは下のボタンから!

応募期間中の申込者から抽選で1名様にプレゼント
ページ最下部の但し書きをご了承の上、応募してください
応募受付期間10月31日〜11月6日

※応募にあたっては、お名前、性別、年齢、ご住所、メールアドレスなどの登録が必要になります。※応募いただいた方には弊サイト及び運営会社よりアンケートなどのご連絡をさしあげることがあります。
※当選者へはメールにて連絡いたします。メールアドレスは必ず受信可能なアドレスの登録をお願いします。また、そのメール連絡を当選者の発表にかえさせていただきます。
また、当選して景品が届いた方は、TwitterなどのSNSで投稿していただくと、ケムールスタッフがとても喜びます!よろしくお願いしますm(_ _)m。

ケムール1周年記念特別プレゼントのお知らせ!
11/1に1周年を迎えたケムール
1周年を記念してどうやらすんごいプレゼントを用意しているらしい!!
▼▼▼

第1報はこちら←クリック!

今週のプレゼント