ケムール毎週当たるプレゼント!4/17〜4/23|稀少!妖しく光る!ウランガラス製灰皿【4名様】

今週の「ケムール毎週当たるプレゼント」は、今では入手がなかなか難しいウランガラス製のノスタルジックな灰皿をプレゼントします。
それも、3種類のデザイン合計4個、つまり4名様へのプレゼントとなります(※どのデザインが届くかはおまかせ願います)。

🎁応募〆切:4月23日(土)23:59

以下の「応募する!」ボタンから、プレゼント応募フォームへどうぞ!
ケムールの連載も読んでね!!

本抽選は終了しました
毎週新しい景品をプレゼントしています
最新のページをごらんください!

 

ウランガラスってナニ?

チョット待って!なんだか妖しく光る感じの灰皿ってことは見て取れた。けど、そもそも「ウランガラス」ってなんだ!?

ですよね〜。

まず、そこから説明させていただきます。はい、手短かに。

「ウランガラス」のウランは、そう、あの核燃料としても知られるウラニウムのことでございます!そして「ウランガラス」とは、文字通り、ガラスにごく少量のウランを着色料として加えたガラスのこと。

なに、核燃料のウラン?  えっ、危なくないのかって?ご安心ください。まず、含有量がとても微小であること(一般的に0.1%程度)、そしてそもそも人体が自然に発している放射線量と比較しても桁違いに低い放射線しか計算できないことから、人体への危険はほぼないと考えられています。

このウランガラス、最初に発明されたのは、あのガラス細工で有名なボヘミア地方。ウランガラス製品によく見られる工芸的なデザインはそのせいかもしれません。製造は1830年頃からはじまり、ブラックライトを照らすと緑色に妖しく輝く不思議な美しさは、さまざまなガラス工芸品として多くの人を魅了してきました。

紫外線(ブラックライト)で蛍光を発するウランガラス(ケーキ皿) https://commons.wikimedia.org/wiki/File:U_glass_with_black_light.jpg

上の写真はWiki掲載のケーキ皿の写真ですが、街の灯りがまだガス灯だった時代、こんな光を放つガラスはまるで「魔法のガラス」に見えたことでしょう。「魔法のガラス工芸」としてだけではなく、第2次対戦以前は鉄道列車の前照灯に使われるなど、実用的な側面もあり、日本でもいくつもの大手ガラスメーカーが製造していたとか。
というわけで、結構な人気を博したウランガラスですが、これが大戦後、作られなくなります。

え、ウランガラスはどうして作られなくなったの?

ウランガラスが作られなくなった理由はひとつではありませんが、大きな理由としてウランの値段が上がったからだと言われます。
なぜウランの値段が上がったか?・・それはウランが核燃料や核爆弾の原料となりうることがわかったからです。そもそもアメリカでは、ウランが原子爆弾に利用できることがわかり、政府が時限的に使用禁止にしたほどです。

ということで、現在、世界的にウランガラスはあんまり製造されていない・・というわけ。つまりメッチャ稀少品メッチャ入手困難レアアイテム、というわけ、です。

そんな希少品ならばこそなんとかして入手してケムール読者にプレゼントしたい!

と、燃えたのが編集部のスタッフY。彼はバイリンガルの特技を活かし、国際的な捜査を挙行、ついに入手に成功したのです。

彼の入手経路は世界最大級のオークションサイト「eBay」です。そこで30回以上の入札を行い、数多のライバルを振り払って手に入れたのがこちらの4点!どうか御覧ください。

左上方の2点の単体写真が以下になります。

方形の台座の上に円形の灰皿部分が乗っています。全体的に分厚く丸みを帯びたフォルムで、にじみ出るレトロなオーラは、机上インテリアとしても雰囲気バッチリ。高さ約3cm,直径は約10cm弱という扱いやすいサイズです。オークションで入手したビンテージアイテムですから、古いガラスをうかがわせる気泡が数か所ありますが、それ以外には欠けや傷もなく、2点とも良好な状態です。

ウランガラス製なので、ブラックライトで照らすと蛍光を発し、緑色に妖しく輝きます。

集合写真の右側の品、ちょっとギザギザした楕円形タイプのアップ画像もご覧いただけます。こちらです。

ご覧のとおり、アンティークな美術品を思わせるようなデザインが特徴的です。こちらのおおよそのサイズは9.5✕7✕高さ2.5cm(約です)くらい。小ぶりなサイズで、灰皿としてだけでなく小物入れとしても重宝しそうです。ガラス中の気泡はなく、とても優良な状態。もちろん、ウランガラス特有のあやしい輝きも楽しめます。

最後は集合写真の下にある、もっとも小ぶりの灰皿。

外側は12角型、そして内側はスムースな楕円形。大きさは約7✕5✕2cmなので、けっこうコンパクトなサイズ感。灰皿として使えますが、アクセサリー置きなどとしてもお洒落ですね。古いガラスをうかがわせる気泡がありますが、ビンテージアイテムとしての「味」として楽しんでください。もちろん、これもブラックライト当てると、光りますよ〜。

ということで、今週の「ケムール毎週当たるプレゼント」は、世界的オークションで30回以上も入札を繰り返してやっと入手に成功したウランガラスの灰皿を4点、抽選にて4名様にプレゼントします!

🎁応募〆切:4月23日(土)23:59

以下の「応募する!」ボタンから、プレゼント応募フォームへどうぞ!
ケムールの連載も読んでね!!

本抽選は終了しました
毎週新しい景品をプレゼントしています
最新のページをごらんください!

当選者へ送付連絡するため、当選者にはメールを差し上げています。必ず連絡のとれるメールアドレスの記入をお願いします。

※応募にあたっては、お名前、性別、年齢、メールアドレスなどの登録が必要になります。※応募いただいた方には弊サイト及び運営会社よりアンケートなどのご連絡をさしあげることがあります。
※当選者へはメールにて連絡いたします。メールアドレスは必ず受信可能なアドレスの登録をお願いします。また、そのメール連絡を当選者の発表にかえさせていただきます。
また、当選して景品が届いた方は、TwitterなどのSNSで投稿していただくと、ケムールスタッフがとても喜びます!よろしくお願いしますm(_ _)m。

【応募する方へお願い】
当選したのに、住所確認や年齢確認(タバコやお酒が景品の場合)のメールへの返信がなく、景品をお届けできないケースが多数発生しています!当選者の連絡メールは、原則、応募開始日の翌々月曜日、つまり8日後になります(休日の場合はその翌日)。応募された方は、当選のメールが届いていないかご確認ください!

 

 

今週のプレゼント