シャグってなに?手巻きタバコの魅力や専門家がオススメするシャグ銘柄8選をご紹介!

愛煙家の皆様のなかには、手巻きたばこ(シャグ)を愛用している、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。え?シャグとはなにか?と思われる方もいらっしゃいますよね。そこで今回はシャグたばこの魅力やポイント、専門店がおすすめする銘柄をご紹介します。

そもそもシャグとは何……?

紙と葉っぱとフィルターを用意して自分の手で手巻きをする、そんな手巻きタバコを愛用しているという方もいらっしゃると思います。紙を裏表間違わずに用意して葉っぱを適量乗せてクルクルと巻き、紙のノリの部分をペロリと舐めれば手巻きたばこは完成します。最初はなかなかうまくできませんが、慣れてくるとすぐに作れるものです。

さて、シャグとは簡単に言うとこの手巻きたばこの葉っぱの部分を指します。英語表記にすると「shag」、意味はタバコの葉っぱの他にあら毛、むく毛、もつれ毛となります。なるほど、たしかにその意味に納得です。

乾燥させたたばこの葉っぱを指すシャグですが、どれほど乾燥の具合によってシャグの味は大きく変わります。湿度が多いシャグはまろやかな傾向にあり、乾燥が進んだシャグは辛くなる傾向にあります。

ここで、これから手巻きたばこを始めたい、興味があるという方に、秋葉原のこだわりたばこ専門店「逸品道」のスタッフがオススメするシャグを聞いてきました!専門家が勧めるシャグ、気になりますよね。

スタンレー・アールグレイ・ティー(STANLEY Earl Grey Tea )

“スタンレー・アールグレイ・ティー(<bSTANLEY Earl Grey Tea )” width=”993″ height=”1024″ class=”alignnone size-large wp-image-716″ />

「とにかく香りが良く、ブレンド用としても重宝します」

アールグレイといえば、そうです紅茶を思い出しますよね。その名の通り、あのアールグレイの紅茶の風味を楽しむことができるシャグとなります。煙草に火をつけてみると華やかなあのアールグレイの香りを楽しむことができます。意外と甘みはなく、さっぱりとした吸いやすいシャグとなります。

コルツ・グリーンティ(COLTS GREEN TEA)

「ミルクティー、あるいは甘くした抹茶のような面白い香りがするので着香系でしたら一番のおすすめです」

デンマーク産の手巻き用のたばこ葉(シャグ)です。グリーンティーの香りを加えたたばこ葉を使用したシャグとなります。強い香りはなく、少々酸味を感じることができます。発酵させた茶葉に近く、紅茶の風味も感じることができるはずです。

マニトウ ゴールド(MANITOU GOLD)

ナチュラルシャグの定番と言えます。最大の特徴は「加湿が必要」ということ。どういうことかといいますと、購入時にすぐ火を点けると非常に辛いシャグなのです。辛いシャグが好み、という方には問題は有りませんが、もう少々マイルドなたばこを楽しみたいという方は加湿をしましょう。手間が発生してしまいますが、湿度を加えると購入時の味がまるで嘘のように、美味しい煙草を味わうことができます。手間がかかるから美味しいたばこを味わえる、手巻きたばこのように一手間をかける方には向いているかもしれません。

ブルーノート ファインカット(BLUE NOTE FINE CUT)

「パイプタバコを手巻き用にしているので香りも良く吸いごたえもしっかりしています」

非常に上質なフレーバーと厳選されたタバコ葉のブレンドに火を点ければ、フルーティーな爽やかさと深みのあるコクとバニラの香りを楽しめます。巻紙はコクの深さを楽しめるスローバーニング系でいかがでしょうか。シャグの中でも、最高級品に位置されており、なかなかお値段も張りますが、特別なひとときを楽しむ事ができるはずです。

Bi-Bo ファインカット(Bi-Bo FINE CUT)

「ヨーグルトの駄菓子のような香りとまろやかなのにタバコらしい喫味で吸いやすい」

店長がおっしゃるように唯一無二のヨーグルトの香りを楽しむことができます。パイプたばこの名品から誕生したこちらのシャグは、ドイツのたばこメーカーDAN TOBACCO、パイプ好きな社員が作り上げたブレンド。火をつける前から香るとヨーグルトの風味が広がります。火をつけるとまるでお菓子のような風味を楽しむことができる特徴的な逸品となっています。

ゴールデン・バージニア(GOLDEN VERGINIA)

ブレンドされたシャグはバージニア葉がベースとなります。人気も高く、シャグの代表的な銘柄と言えます。火をつければ上品な香りの煙を楽しむことができ、しっかりとたばこの味を楽しめ吸いごたえはあります。甘く濃厚で特徴的な味と言えるでしょう。十分に加湿された状態で販売がされているので、湿気はしっかりとされており、ゴールデン・バージニアはしっとりと加湿した方が美味しい銘柄です。

ドラム(DRUM)

イギリスのインペリアル・ブランズ(Imperial Brands)グループ傘下のインペリアル・タバコ(Imperial Tobacco)が販売しているシャグになります。湿り気のある濃い茶色の葉が特徴で、味が強そうに見えますが、いざ火を点けてみると、おや意外、刺激も少なくあっさりとした味を楽しめます。雑味や酸味が少なく、甘みを強く感じることができます。この甘味は先程ご紹介したバージニアが半分混ざっているたばこなので、いつも軽めのたばこを吸っているという方にはおすすめです。

小粋

「キセル用ですが味に深みがあり、畳を連想させるような懐かしい香りがするのでお勧めです!」

国産刻みたばことして多くの方に愛される小粋はキセルで使用されることが多いですが、巻たばことしても楽しむことができます。スタッフTさんのお話にもあるように畳を連想できる和のテイスト、国産だからできる味わいを楽しむことができます。キセルを楽しみたいという方もぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

手巻きたばこ、始めてみませんか?

今回は手巻きたばこのシャグをご紹介しました。普段市販の紙巻たばこを吸っているという方も、ひと手間加えることを楽しむ、こだわりの手巻きたばこの世界をご理解いただけたかと思います。ぜひこの機会に楽しんでみてください。

本日ご紹介させていただいた逸品道は 秋葉原にある紙巻・手巻・ 加熱式たばこ、VAPEの専門店です。気になる方はぜひ、チェックしてみてくださいね!

〇逸品道

営業時間:10:30~19:00
定休日:水曜日・年末年始
〒101-0021東京都千代田区外神田3-8-9 昌徳ビル1F
TEL:03-5207-5370 FAX:03-5207-5373

〇逸品道HP
https://brand-passage.com

〇逸品道Twitter
https://brand-passage.co