【2022年最新版】美味しいタバコの銘柄はどれ!?特徴や口コミを紹介

タバコは世界中で楽しまれている嗜好品です。これまでに開発された銘柄は膨大な数に上り、コンビニのレジカウンター内にもズラッとタバコが並んでいます。これだけ数が多いと、自分に合ったタバコを探すのも一苦労。かといって、1つ1つ吸い比べるのもなかなか大変です。そこでこの記事では、タバコ選びの参考にしていただくため、主な銘柄の特徴や口コミをご紹介します。

「ケムール」では毎週読者プレゼントを実施しています!
……喫煙具・お酒・コミック・TOYなど……
👇 今週は何が当たる?👇

【プレゼントを見る】

JT(日本たばこ産業)


JTは日本のタバコメーカーです。企業別の世界シェアは第4位。現行品だけでも100を超える銘柄が販売されており、タバコを始めた方がまず手に取ることも多いでしょう。以下、JTの主な銘柄と口コミをご紹介します。

メビウス

メビウス
出典:CLUBJT

メビウスは、日本の紙巻きタバコ市場でトップシェアを誇る銘柄です。もともとはセブンスターのマイルドバージョンとして発売され、2013年2月までは「マイルドセブン」という名称でした。派生品も多く、レギュラー・メンソールなどを合わせて現行の銘柄は40以上。喫煙者なら一度は吸っておきたいところです。

タバコといえば王道の「メビウス」!口コミや名称変更の理由を紹介

【口コミ】

雑味、癖などがなく、万人向けのオールラウンダーです。こう聞くと「このたばこはまずくない」という意味で「おいしくもないんだ」と、とらえられるかもしれません。しかし、おいしいんです。ジュースで言うなら天然水的な感じです。多くの人がマイルドセブンを吸っているのを見かけますが、吸ってみれば納得します。多分色々吸って行き着く先はマイルドセブンになるのでしょう。それぐらい包容力があるタバコです。

引用元:たばこ専門店さくらんぼ

色々なタバコを吸ってきて一周回って
メビウス最高ってなるの喫煙者あるあるだと思う。引用元:Twitter

セブンスター

セブンスター
出典:CLUBJT

セブンスターは、メビウスなどと並ぶJTの主力銘柄の1つです。日本の紙巻きタバコ市場において、ブランドごとではなく銘柄単独で比較した場合、セブンスター・オリジナルは売上トップの座に君臨しています。2020年度だけで42億本(シェア4.3%)も売れていますから、とても愛されているタバコと言えるでしょう。

タバコの個別銘柄売上1位「セブンスター」!全9種類の値段や口コミを紹介

【口コミ】

色々な銘柄を数多く吸ってきましたが、やっぱりセブンスターが一番美味しいです
円やかな濃くも有り、甘さと辛さほろ苦さがあり凄く吸い易いです
タールが高いが重たくはなく煙が柔らかく肺に入れやすいです
吐いた時の煙の量も多く抜群の旨さです引用元:たばこ専門店さくらんぼ

やっぱりセブンスターうまいな
600円になっても買う価値がある引用元:Twitter

ウィンストン

ウィンストン
出典:CLUBJT

ウィンストンは、アメリカのR.J.レイノルズ・タバコ・カンパニー(RJR)が製造販売しているタバコで、日本ではJTが取り扱っています。販売量は世界第2位を誇り、2015年にはJTの銘柄である「キャスター」「キャビン」をほぼ統合しました。結果としてストレート系、ビター系、スイート系の味わいがそろい、タバコの味を網羅する銘柄になっています。

ウィンストンってどんなタバコ?全20種類の値段や口コミをご紹介

【口コミ】

winstonに変わる前の旧キャビンは一度吸ったことがあり、一時期はまったので久々に買ってみました。
味自体はとても香ばしくてチョコレートフレーバー?を使っているせいか、甘い香りがして、改めて美味しいと思いました。
旧キャビンの味はあまり覚えてないのですが、何となく味が濃くなったような気がします。ただ、一つ明らかに変わったことはフィルターが良くなって、旧キャビンはタバコが根本に近づくと熱くなっていたのですが、winstonキャビンはそれがありませんでした。
ラーク・マールボロ・ラッキーストライク・JPSなどが好きな方はおすすめだと思います。引用元:たばこ専門店さくらんぼ

せっかく巻きまくったタバコを家に忘れてきたから5年ほど前までずっと吸ってたキャスター(現Winston)を買った

メチャクチャ吸いやすいなw

引用元:Twitter

ピアニッシモ

ピアニッシモ
出典:CLUBJT

ピアニッシモはメンソール系のブランドです。もともとはRJR社のセーラムブランドから発売されていましたが、独立してJTの取り扱い銘柄となり、ベヴェルなどのブランドも統合して現在に至っています。女性をメインターゲットとしており、パッケージデザインからもそのことがうかがえます。

【口コミ】

パッケージを開けるとふわりとした桃の香り。
メンソールもしっかり効いています。
ほのかに桃の味も顔を出します。
灰がこぼれないのも良いですね。良くも悪くもタバコの味は控えめなので、
とても吸いやすい。
タバコに興味があり、
手を出してみようかな?という方に良いでしょう。

引用元:たばこ専門店さくらんぼ

もうすぐ一時帰国する旦那の会社の人に
わたしのタバコのおつかいが頼めるかもしれない♡
感謝感激、ありがたすぎる。
愛するピアニッシモ アリアがまた吸えるの?
わたしはあの子しかダメなの!
早く買って帰ってきていただきたい。
手に入るのはまだまだ先だけど。引用元:Twitter

ナチュラル・アメリカン・スピリット


出典:CLUBJT

「アメスピ」の通称で親しまれている銘柄です。かつてはアメリカのメーカーが製造しているものをJTが輸入・販売していましたが、現在は材料のタバコ葉のみを輸入し、製造もJTの工場で行うようになっています。「ナチュラル」の名の通り、燃焼促進剤などを一切使用しない100%無添加のタバコで、タバコ葉本来の味を長く楽しみたい方に人気です。

【口コミ】

とにかく甘い。何が甘いって他のタバコでは味わえない無添加特有のタバコ葉の甘さ。
なおかつ8mgと吸いやすい。燃焼時間が10分~くらいあるので1日に吸う本数が減りました引用元:たばこ専門店さくらんぼ

タバコをアメスピに替えたー
ちょっと高いけど燃えるのがめちゃくちゃ遅いので、一本でキャメル二本分くらいの満足感がある
一日に吸う量が半分になった、経済的!
なんとなくカッコつけてる人が吸っているイメージがあったので避けていたけど、貧乏人に優しい銘柄ですね引用元:Twitter

ピース


出典:CLUBJT

ピースは戦後間もない1946年に発売された銘柄です。国産初の本格的なバージニアブレンドで、ほのかに甘いバニラの風味が特徴。10本入りと50本缶入りは、現在では希少な両切りタバコで、タール値やニコチン値の高さもあってタバコらしいタバコを好む方に愛されています。

【口コミ】

ゴールデンバットにフィルターがついて以来、このたばこに移行しました。やがて廃止になりましたね。

ピース(10)は、バニラ風の濃厚で深い、上品な甘味を感じます。
たばこを吸う人なら、老若男女問わずぜひ一度は吸ってみてほしいです。それだけの価値はあると思います。

一生吸いつづけていたいと思わせるたばこは、後にも先にもこれだけです。それほどに美味いのです。
ふかしても美味いし、肺に入れても美味い。
煙が濃厚で量も多く、においも強いのはご愛嬌。

両切りは絶滅危惧種となっていますが、このたばこだけは残してほしいものです。

引用元:たばこ専門店さくらんぼ

金ピース タール21なのに甘くてとっても美味しい、
ニコチン10ミリを感じさせない…
最高の嗜好品引用元:Twitter

ホープ

ホープ
出典:CLUBJT

ホープは日本初のフィルター付きタバコとして有名です。現在販売されている製品は、すべて10本入りなのも特徴。糖分が多いタバコ葉を主体とし、香料には蜂蜜を使用するなど、甘い香りを強調したセミアメリカンブレンドが美味しさの秘密です。

【口コミ】

個性的なパッケージが可愛いですよね。

おじさんタバコ、というイメージから敬遠してましたが、喫煙所で仲良くなった方から1本もらったのが最初の出会い。

まず煙の量に驚きました。タールもそこそこなのでけっこうずっしり来ます。
雑に強く吸うとただの辛いタバコ、という感じになってしまいますが、クールスモーキング出来ればこんなに美味いタバコはないと思います。
先程も言ったボリュームのある煙、ずっしりした喫感、最大の魅力はタバコらしい美味さとほんのり感じる蜂蜜の甘さ。後味は少しスパイシーというのも不思議。
和モクで美味いといえばピースですが、負けず劣らずの素敵なタバコだと思います。

引用元:たばこ専門店さくらんぼ

ショッポの話していいですか?ショートホープはですねえ…慣れないとキツめで辛かったりするんですけど上手になってきてゆっくり吸えると甘くてどっしりと楽しめるというお煙草なんですねぇ〜〜〜

引用元:Twitter

キャメル

キャメル
Web

出典:CLUBJT

キャメルはラクダのパッケージデザインが印象的な銘柄です。元はRJR社が販売していたもので、2002年からはJTでの生産に移行しました。その際、日本人向けに味が変更され、ナッツ系の香りと甘みが特徴のタバコになっています。

【口コミ】

普段はメビウスやケント9mgを吸っています。
キャメルは以前のシリーズは吸ったことがないのですが、新発売とあったので試してみました。
苦味がやや強く最初はキツく感じましたが不思議と癖になる味わいで、個人的には疲れた時に至福の一本として楽しんでいます。スタンダードなアメリカンとのことですが確かに喫煙初心者の自分でも楽しめる一本です。
あと比較的安価なのも助かります。引用元:たばこ専門店さくらんぼ

今朝の一服。キャメル・ライト・ボックス
全てチェックしてはいないのですが、普通に買えるタバコとしては、「フィリップスモリスKSボックス」に次いで安い価格帯(460円)ではないでしょうか。やや辛味の強めな喫味ですが、普通に美味しく吸えます。特にこだわりがなければ、安くて良いのでは。引用元:Twitter

セーラム

セーラム
出典:CLUBJT

セーラムはメンソール系の銘柄で、世界初のフィルター付メンソール紙巻きタバコとして知られるタバコです。キャメルなどと同様、日本ではJTの製造・販売に移行。前述のように、ピアニッシモが独立するなどしたため、現在はセーラム・ライト・ボックスのみが販売されています。

【口コミ】

自分はメンソを吸うと少し気持ち悪くなるんですがこのタバコはタバコ感が強くメンソ感が少ないのでとても吸いやすくて美味しかったです。メンソを普段吸ってる人が吸うってよりはいつもはレギュラーだけどメンソ吸ってみようと考えてる方には持ってこいなたばこだと思います。あとパッケージがレトロ感もあって好きです。たばこ初心者にもおすすめできると思います。

引用元:たばこ専門店さくらんぼ

やっぱセーラムうまいわ、タバコ葉の香りとメンソールの清涼感とのバランスが絶妙。

引用元:Twitter

ハイライト

ハイライト
出典:CLUBJT

ハイライトは、1960年代~1970年代に大ヒットしたタバコです。香料にラム酒のフレーバーを使用しており、JT製タバコの中では比較的重い部類に入ります。歌謡曲の歌詞中にも登場するなど、時代を象徴する銘柄となりました。現在も高齢者層を中心に、根強い人気があります。

【口コミ】

甘さなどで誤魔化していない、正統派なタバコです。
臭いはキツいですが、それを含めて愛おしく思います。これを愛用していると、他のタバコを吸ったときに必ず物足らなくなる。
タバコを吸ってると実感させてくれるタバコです。

職場の人間にハイライト吸ってると伝えると渋いと言われるし、煙たがられる。
それでもこのタバコしかない。

引用元:たばこ専門店さくらんぼ

ハイライトほど、吸い方で味が変わるタバコを知らない
ふかしてると、セブンスターよりうまいかもわからん、いつもセッター吸いなんだけど引用元:Twitter

旧三級品(わかば、エコー、ゴールデンバット)

旧三級品(わかば、エコー、ゴールデンバット)
出典:CLUBJT

「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」は、いわゆる旧三級品です。かつてはたばこ税の軽減措置が適用されており、安いタバコとして人気がありました。現在は軽減措置がなくなってしまったため、紙巻きタバコの銘柄としては廃止され、葉巻に分類されるリトルシガーに移行。味わいは少し変わったものの、今なお愛され続けています。

【口コミ】

これまで旧三級品タバコを吸ったことがなく、かつ少し苦手意識を持っていて吸う気にならなかったタバコでしたが、以前1本いただきましたので吸ってみました。するとあら不思議。想像していたよりもかなり吸いやすいタバコでした。吸わず嫌いだった自分が情けなく感じてしまいますw

とてもいいタバコだったと感じております。値段も安いので興味があれば吸ってみてください!

引用元:たばこ専門店さくらんぼ

エコーシガー
吸い比べエコーシガーに関しては、
結構イケる。
意外とノーマルの方がエグ味が強くて辛い。
香りはそっくり!
エコーシガーの方がマイルドでコク深い。また、少し甘い。
けど、独特のリトルシガーらしい土壌感がほんのりとある。
また、国内煙草らしいあっさりバージニア感はない。

引用元:Twitter

PM(フィリップ モリス)


PMは、アメリカのニューヨーク州に本社を置く世界最大のタバコメーカーです。日本でもさまざまな銘柄を販売している他、近年では加熱式タバコ「アイコス(IQOS)」の販売元としても有名になりました。以下、PMの主な紙巻きタバコの銘柄を見ていきましょう。

ラーク

ラークはPMの代表的な銘柄で、JTのメビウスなどと並び非常に銘柄数の多いシリーズです。もともと日本の喫煙者のニーズに応えて発売されたタバコで、日本への出荷比率が非常に高くなっています。クセが少なく、タバコ本来の美味しさを楽しめるのが魅力です。

【口コミ】

コクがあり香ばしく心地良い程度の酸味を感じます
そこにビターチョコともミルクチョコとも言えない絶妙なチョコフレーバーとタバコの辛味が効いており、ガツンと濃厚なのにくどすぎずほろ苦でキレのある味わいです
鼻から抜けるカフェモカのような香りもたまりません
煙量が多く吸いごたえはありますが、それでいてイガイガする事はなくスムースなので、肺に入れると喉は綺麗に通り最後にずっしりとタール12のパワーを感じる独特なキック感ですね
吸いやすさと満足感のバランスが取れたタバコだと思います引用元:たばこ専門店さくらんぼ

前からパッケージが気になっていたラーク・アイス・ミントを購入。早速吸ってみたけど気に入ったわ
なんかミントチョコみたいで吸いやすいかもー
カプセルを潰すと更にミント感が増して吸ってて楽しいタバコでした引用元:Twitter

マールボロ

マールボロは、世界中でベストセラーになっている銘柄の1つです。当初は女性向けタバコとして売り出したもののうまくいかず、1960年代初頭に男性向けのタバコに転換し、成功を収めた歴史があります。日本でもブランドとしては高いシェアを誇り、さまざまな銘柄が発売されています。

【口コミ】

マルボロといえば知らない人はいない超有名なタバコですが、これまで吸ったことがなかったので買ってみることに。
タバコ本来の旨味に香ばしさ、後から抜けていく苦味がなんともいえない美味しさを醸し出してると思います。洋モクなので臭いは少しつきやすいですが、それを差し引いてもおすすめしたいタバコです。
レギュラータバコならこいつが一番美味しいです。引用元:たばこ専門店さくらんぼ

そうは言いつつも、マールボロって何本でも立て続けに吸えてしまうな。
弱くないが強くもない、けれどももう一本火を点けてしまう、絶妙な喫味。そこら辺に人気の秘密が有るのかな?

引用元:Twitter

パーラメント

パーラメントは、世界初のフィルター付きタバコといわれている銘柄です。煙を冷ます効果がある「リセスド・フィルター」が特徴で、硬いために高級感があり、味もまろやかになります。プレミアム価格帯の紙巻きタバコでは、シェアの大部分を占める人気銘柄です。

【口コミ】

甘味、苦味、酸味、全てが混じっているのに、そのどれもが主張せずに居座っている複雑な味わい。それに対して必要十分な煙の量、質感。リセストフィルターの功績もあるでしょう。
静かに、ただ静かにそっと寄り添ってくれるような優しい味わい。
とてもお気に入りです。引用元:たばこ専門店さくらんぼ

身も蓋もない話し。パーラメントうまいのだ。くせがない。おいしい水で作られたのか。コシヒカリ100%なのか。故郷の味。行列のできるモク。

引用元:Twitter

バージニア・エス

バージニア・エス(旧称:バージニア・スリム)は、女性向けに展開されている銘柄です。日本向けの製品は、ほぼすべてメンソールとなっています。

【口コミ】

カプセルを潰す前は程よいメンソールにバニラのような優しい甘さ。
カプセルを潰せば、甘いサイダーのようなフレーバー。
フルーティなメンソールたばこ好きにはもってこい。
パッケージの見た目も格好よく、少し細めのタバコであるため、女性にもオススメできます。引用元:たばこ専門店さくらんぼ

女性に人気?オススメ?のタバコを吸ってみました
バージニアのロゼです
タール1mgなのですが、メンソールのお陰なのか吸いが耐えはあります
手軽なタバコを探してる人にはお勧めのタバコです引用元:Twitter

フィリップモリス

メーカー名と同じ名前の銘柄・フィリップモリス。かつてラークに統合されたのですが、2020年2月に復活しました。1箱20本入りで430円という安さが魅力です。

【口コミ】

この値段でこのクオリティはすごいと思います。
味はマルボロとメビウスの中間みたいな感じですが少々粗い感じはします。
あとどうでもいいですが箱の中にアイコス推しの広告入ってて笑いましたw
アイコスの方が儲かるんでしょうか?引用元:たばこ専門店さくらんぼ

安タバコで一番美味しいのはフィリップモリス8mmメンソールです。これはまじでうまい。最近売ってないけど、入ってきたらカートン買い確定のやつ。クソうまいし、430で安い。オヌヌメ

用引用元:Twitter

BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)


BATは、イギリスのロンドンに本社を置くタバコメーカーです。JTとも関係があるRJR社の親会社でもあります。モータースポーツと関わりが深い会社としても知られ、かつてはチーム運営もしていました。主な銘柄は以下の通りです。

ケント

ケントは日本におけるBATの主力銘柄です。世界初のフィルター付きタバコといわれていますが、パーラメントの方が先ではないかという説もあります。ハリウッド黄金時代の大女優オードリー・ヘプバーンが好んでいたタバコとしても有名です。

【口コミ】

メビウスと比べると甘さが感じやすい印象です
紙臭さもあまり感じなかったです
比較対象としては、ウィンストンブルーとか
パーラメントかと引用元:たばこ専門店さくらんぼ

コーヒーとタバコの組み合わせはマジで最高。「至福の微糖」と「kent」は口の中めっちゃフルーティになる

引用元:Twitter

クール

クールはメンソール系の銘柄で、世界初のメンソールタバコとして知られています。数あるメンソールタバコの中でも、特にメンソール感が強いと評判です。とにかくメンソールが好きだという方は、ぜひ吸ってみましょう。

【口コミ】

女友達とブーストダブルと一本交換した時にはじめて吸いました。久しぶりに8ミリを吸ってみて、いつもは5ミリだったのでキツいかなと思ったのですが、思ったより全然キツくなくむしろもっと強くてもいいかなと思うぐらいでした。メンソール感もちょうどよくどことなく焼き芋っぽい甘い風味も好きになれました。最近はずっとこのタバコを吸わせていただいてます。これからもクールファミリーにはお世話になると思います!

引用元:たばこ専門店さくらんぼ

クール・マイルドFK・ボックス。メンソールの爽快感がしっかりあって煙草の味もちゃんと残ってる。余計な苦味もない。これいいな

引用元:Twitter

ラッキー・ストライク

ラッキー・ストライクは、1871年発売の長寿ブランドです。第一次、第二次大戦中は米軍の軍用物資として補給対象になっていたことからも、その人気ぶりがうかがえます。著名人にも愛好者が多く、漫画やゲームなどにもしばしば登場するほどです。

【口コミ】

タバコ葉をトースティングして焼きたてのパンのような味わいが特徴のアメリカンブレンドです
そこにキャラメル着香が加わっており、こんがり焼いたトーストにキャラメルバターを染み込ませたような香ばしさと旨味
そして後味にほんのりミルキーな甘味とほろ苦さを感じられるパンチのある濃厚な味ですね
クールスモーキングで口にたっぷり煙をためてこってり感を楽しむも良し
強めに吸って肺に入れてビシッと辛味を感じるのもまたたまりません
朝食の後やティータイムに味わうラッキーは別格です
このワイルドな穀物感と香ばしさからくる絶妙な味わいはラッキーストライクにしか成せない技だと思います
最高の一服でした
ごちそうさまです引用元:たばこ専門店さくらんぼ

ラーメン食った後のラッキーストライクはこの世の全ての高級料理の味を凌駕する至高の存在

引用元:Twitter

JPS

JPS(John Player Special)はイギリスのインペリアル・ブランズが生産する銘柄で、現在はBATも製造しています。海外ではいろいろな銘柄が流通していますが、現在日本で販売されているのは「ジェー・ピー・エス KS ボックス」のみです。

【口コミ】

最近はラッキーストライクを吸ってるんですが、金欠時にとても助かってます(笑)
味はよくラッキーストライクに似てると言われますが自分は、どちらかと言えば赤マルに近い気がしました!
洋モクでこの手のタバコが好きな方は美味しく吸えると思います!
ただラッキーストライクを普段吸ってる方からしたらちょっと苦味が強いかもしれないです( ̄▽ ̄)引用元:たばこ専門店さくらんぼ

JPS
洋モク好きなら誰もがパケ買いするであろうこのタバコ。ほんのり干し草のような香りに甘さと辛さが混じる。軽い喫味だけど、それに甘えてバカバカ吸うとすぐ辛くなる。スタンダードな味わいなので、吸うシチュエーションを選ばない。好き。引用元:Twitter

まとめ

ネット上の口コミを見るとよくわかるのは、これだけたくさんの銘柄があるにも関わらず、どの銘柄にもちゃんとファンが付いているということです。タバコは嗜好品であり、好みは人それぞれ。自分に合った銘柄を選ぶことが1番大切です。口コミを参考にして、ぜひ「これだ!」というタバコを見つけ出してください。

「ケムール」では毎週読者プレゼントを実施しています!
……喫煙具・お酒・コミック・TOYなど……
👇 今週は何が当たる?👇

【プレゼントを見る】

あわせて読みたい

今週のプレゼント