魔女が教える秘密のシャグ・カクテル【recipe:7】SLOWLY SLOWLY

今月の「魔女シャグ」は?

一般的な紙巻きたばこよりコスパがいいだけでなく、シャグ・巻紙・フィルター、さらにスパイス・ハーブ・オイルなどをプラスして自分だけのオリジナルブレンドを作れる「手巻きタバコ=シャグ」。その奥深い魅力を「おまじない」と「調合」のエキスパートである魔女さんのブレンドで探究する「シャグ・カクテル」連載です。

▶いままでの『魔女シャグ』はこちら

案内役は”現代魔女”の弥富マハさん。

弥冨Maha
現代魔女術実践家
生きものから食べものへ 育み刈り取り繋ぐ者として「食」を通して母なる大地との循環を伝える者。
大阪道頓堀の川沿いにある隠れ家Restaurant&BAR 魔女の厨房CAULDRONのオーナー兼シェフ
辺境国を旅する事と異国の飯と煙草が好きな人。
memo:”現代魔女”とは?
中世、「魔女狩り」によって絶えたかに思われた「魔女=WITCH」の力強い精神を現代に受け継ぐ人々。その活動は占いや儀式といったスピリチュアルな営みだけでなく、エコロジーなどの社会的発信、チャリティ活動、ファッション・料理まで多岐にわたる。なお、「WITCH」に性別は関係ない。

6月。梅雨を運んでくる初夏の風に吹かれて、一層季節のうつりかわりを感じられる今日この頃です。5月の「魔女シャグ」は「ヴァルプルギスの夜」と「ベルティン」という大サバトで盛り上がったマハさんですが、6月は大きな儀式もないみたいです。儀式がないとき、魔女ってどうしてるのでしょうか?
そして、そんなときに巻きたいタバコはーーー。
では、魔女が調合した秘密のシャグ・カクテルをどうぞ。

recipe7:SLOWLY SLOWLY

6月の魔女は何をして過ごす?

もう初夏を迎えようとしているのに昼は暑いし夜は肌寒いし、梅雨の気配はどこ行ったん?て感じですがそんな夜はちょっとゆっくり過ごすのもいいかな。

夜は肌寒いくらいで散歩するのには丁度良いくらいですね。

私は先日自立式フレーム付きハンモックを購入してみたんですが、いやほんとハンモック最高だわ~

今年はキャンプとか行きたいですよ。
川とか海とか大自然の中で吸う手巻きタバコはまた違う味わいだしね!

空気が美味しいからですかね🤔
また海外も行きたいけど、ロシアのせいでトランジットはめちゃくちゃだし時間も長いしUSドルは相変わらず高いし円安エグいし、今年は秋くらいに海外行けたら良いかな~って思ってますけど沖縄も良いな~(しかし国内旅行は旅費がお高いんですよね💦)

第7回レシピ🛏テーマはスローライフ

『魔女って何してる人なんですか?』って質問をよくされるのですが、多分正解は無いんですよね、この答え。

現代では魔女は色々な職業に就いている事が多く、それこそお隣さんが魔女だったり、職場の同僚が魔女だったり、行きつけのお店の店主やスタッフが魔女なんて事も。

『何をしている人か?』の質問に全て答える事はちょっと難しいけど、魔女の暮らしは日々、自分が可能な範囲で丁寧な暮らしをするスローライフな人が少なくないかな、と私は思います。

『忙しくて寝る時間もありません!』って生き方をしたいとは思わないのかも?
私も今はそんな生き急ぐ人生はまっぴらな考え方を持つ様になりましたが、昔はめちゃくちゃ働いてましたw
働いて働いて、休みの日も違うとこで働いて、お金は溜まるけど全然楽しくない無味乾燥な人生ってつまんないなー私、一体何の為に生きてるんだろう?

そんな風に思い出した頃、私は魔女になる決意を固め『365日と1日』の魔女の修行を始めたのが魔女になるきっかけでした。

365日と1日

私達魔女は魔女になると心に決めたその日から起算して365日と1日の間魔女の基礎を学びます。

365日、魔女の暦”Wheel of the year”に基づいて生活し、1年のサイクルの4つの祭典と4つの祭事、そしてその起源についてや世界の理の四大元素について、太陽や月の暦やハーブについてを知る事はとても重要です。

私達は、魔女である・なしに関わらず太陽と月の子供達。

人間も、動物も、植物も、全ての生きとし生けるものは太陽と月の影響を受けて生まれ、育ち、死ぬ。

生命のサイクルについてを学び、学んだ知識を実践する。

それには最低でも1年が必要だという事です。

「365日と1日」を終えた後、何が変わったのかに気付く事は難しいでしょう。
それは自分自身とこの1年間毎日向き合っているからこそ劇的変化を感じる事が無いという事。

もしあなたが魔女を志したなら、始まりの1日とそこからの365日を迎えたその日、変化を感じない事こそが、日々の変化が本物だったという事になるのだと思いますよ。

それは言葉にするには簡単過ぎるし、伝えるには難しい。

ただ言うなれば、雨の降る前の風の匂いや嵐の前の空の騒めき、季節の変わり目の大気の変化を感じる事が日常生活の中に組み込まれ、自分自身もその理の一部だと認識するようになるでしょう。

現代人に効く魔法

魔女になってからはなるべく出来るだけスローライフで生きています。

タイ旅行に行っても、何もせんと木造一戸建ての民宿の中庭で瞑想したりハンモックにゆられて日がな一日鳥の声を聞いて過ごしてたり(民宿のタイ人から今日も出かけないの?って聞かれるくらいダラダラしてますw)
魔女になってからは色々楽しくなりました。
今日のご飯に悩んだら占いで決めたり笑
日常生活に魔女としての習慣が自然とある感じで『魔女だから!』と力んで何かをしたりは特別な時くらいじゃないかしら…🤔
験担ぎ的な事くらいはするかな。
そうそう、私の周りの魔女はストレスとの付き合い方が上手な人が多い印象があるんですよね。
溜め込まないし、自分の機嫌は自分で取るタイプの人が多いかも。

現代社会、何かと急ぎがちだからこそゆっくりと過ごす自分だけの時間は贅沢で、そしてとても大切な時間だと思います。

魔女になっても、ならなくても、スローライフを心掛けるだけでも人生は豊かになれる。
シャグを手巻きタバコにして吸う時間も、日頃忙しく働く自分にとっての息抜きの時間。
1杯の紅茶やコーヒーも、自分の為にちょっと良いものを淹れてみる。
ちょっとゆっくり過ごす為に、今回は少し贅沢なシャグを吸いましょうか。

今回も、魔女的な視点からシャグ(手巻きタバコ)のフレーバーを決めてみましょう。

魔女シャグ調合スタート

今回のベースになるシャグは

ROYAL BOURBON


ロンボクバージニアをメインにDFCをブレンドされたシャグです。

お酒が好きな人はちょっと気になるバーボン・ウイスキーを想わせる甘くスモーキーな香りが特徴という売り文句は期待出来ますね。

創業100年を越えるタルマタニ社の手巻きタバコの集大成。

「ロンボク」はインドネシアにある「ロンボク島」の事なんですが、インドネシアも行ってみたい国の1つです!

バリ島の東、スンバワ島の西にあるこの島のロンボクという名前はインドネシア語で唐辛子という意味を持つそうですが、元々はロンボク島東部地域の呼称で、先住民であるササク人はスラパラン(Selaparang)と呼んでいるそう。

ジャカルタから飛行機で2時間、バリ島からは飛行機でたったの35分!

郷土料理としては鶏丸ごと1匹を使うタリワンという料理が有名なんですって。

魔女の厨房CAULDRONでは月曜日は異国飯BARとして営業しているのですが、世界の色々な料理を提供しているので、このタリワンもどこかのタイミングでやりたいな~と思っています。

因みに先日はミャンマー料理でした。

私はタイから陸路でミャンマーに行きましたが、
イミグレーションを越えたとこにはGolden Triangle Cityの看板があった事を今も覚えています。

「DFC」は「ダークファイヤードキュア」の意味で、長時間火力乾燥処理を行うことでより個性的な香りをタバコ葉につけることができるそう。

ROYAL BOURBONはそのDFC処理をされたシャグなんですね。

独特のスモーキーなバーボンの香りはそうした処理を行う事からなのか。

こんな風に風味付け出来るなんてやっぱりシャグは奥深いわ~

さて、話を戻しますが実はこのシャグ、ちょっと他のと違う点がありまして

何と密閉型w

…今まで何で無かったんやろ…て思ったくらい嬉しくなってしまったこちらのシャグ、まずはそのまま吸ってみましたが、ヘビースモーカーに嬉しいしっかり重めな喫煙感!

これこれって感じのニコチンしっかり系!

そして後味に香るバーボン。

リッチな味わいしてますね…流石はちょっと贅沢なシャグなだけあります笑

因みにお値段1300円www

さて、このリッチなバーボンの風味を生かしてくれるスパイスは…?

シャグ・カクテルの香味は?

実は今回のシャグ、ROYAL BOURBONが単体でかなり主張が強く出ていてスパイスが割と負けたり喧嘩したり💦

しかし数種類を試しに試した結果

このROYAL BOURBONの喫味に僅かにあるハーブの味がする事に気付きました。

それは

『ミント』

いや、どうなん?ミント?ミント?
清涼感じゃないミントの風味的な?

ミントなら今の時期、CAULDRONでは山ほど採れますけど!?

最早、散々スパイスを試して惨敗した今回のブレンドでまさかのミントのドライハーブ?

このミント、魔女的に解説すると

支配惑星と支配元素は個々の品種により変わるのですが、ミントは昔から治療薬やミックスハーブに使われたり金運アップや悪霊祓いなど様々な使い方があるハーブなんです。

そんなミントの中でも今回はスペアミントを使って喫煙。

まあ、試してみようではないですか。

松葉やらコーヒーガラやら海外のよく分からんナス科の植物やら何やらとりあえず吸ってみる私なら大丈夫(多分)

※あの時は本当に酷い目に遭いました。

今回の巻紙は「TRIP2」・

ブラジル産の天然素材を原料とした透明ペーパー! アマゾンの森林で育ったユーカリの木から採れた植物繊維から作られている生物分解性に優れた土に返る「エコ」なアイテムです。

化学物質などは一切含まれていません。

高品質な天然セルロースで破れにくく耐久性がありシャグ本来の味を邪魔しない紙の燃える味すらしない優れものです‼️

ずっと気になってはいたんですが、最近行ったタバコ屋さんに売っていたので購入してみました。

見ての通りスケスケの手巻きタバコです!
セルロースの巻紙って何か近未来感あるなー

乾燥させたミントの葉をグラインダーで細かく砕いて、ローラーにシャグを少量乗せてミントの葉を挟む様に巻いてみましたのがこちら!

 

 

実喫です!

ミントの清涼感はほんのりと、メンソールが得意では無い私にも全然イける感じ。

ミントの青さは意外にも邪魔にならず、喧嘩も無く程よい距離感を取る友達みたいな。

うーん、でも今回のROYAL BOURBONには完敗ですね…単体で美味過ぎてしまいましたw

まあ、そんな事もあるよね。

因みにROYAL BOURBONを吸いながらミントティーを飲むのもありでした✨

________________________________________

SLOWLY SLOWLY
【スモーキー】 ☆★★★
【スパイシー】 ☆☆☆☆
【甘さ】☆☆☆☆
【レシピ】
シャグ=ROYAL BOURBON
フレーバー=バーボン
ペーパー=TRIP2
フィルター=PURE200 REGULAR
スパイス=なし
ハーブ

ミント(CAULDRONで育てたもの)

文・弥冨Maha  注釈:ケムール編集部
Twitter:@cauldron_dtb
Twitter:@magna_maha
instagram:cauldron_dtb

■✡魔女記事まとめ✡■

あわせて読みたい

今週のプレゼント