魔女が教える秘密のシャグ・カクテル【recipe:8】Midsummer night dream

今月の「魔女シャグ」は?

一般的な紙巻きたばこよりコスパがいいだけでなく、シャグ・巻紙・フィルター、さらにスパイス・ハーブ・オイルなどをプラスして自分だけのオリジナルブレンドを作れる「手巻きタバコ=シャグ」。その奥深い魅力を「おまじない」と「調合」のエキスパートである魔女さんのブレンドで探究する「シャグ・カクテル」連載です。

▶いままでの『魔女シャグ』はこちら

案内役は”現代魔女”の弥富マハさん。

弥冨Maha
現代魔女術実践家
生きものから食べものへ 育み刈り取り繋ぐ者として「食」を通して母なる大地との循環を伝える者。
大阪道頓堀の川沿いにある隠れ家Restaurant&BAR 魔女の厨房CAULDRONのオーナー兼シェフ
辺境国を旅する事と異国の飯と煙草が好きな人。
memo:”現代魔女”とは?
中世、「魔女狩り」によって絶えたかに思われた「魔女=WITCH」の力強い精神を現代に受け継ぐ人々。その活動は占いや儀式といったスピリチュアルな営みだけでなく、エコロジーなどの社会的発信、チャリティ活動、ファッション・料理まで多岐にわたる。なお、「WITCH」に性別は関係ない。

猛暑が日本を襲っています。魔女にとっては夏は大切な儀式の季節。
6月21日の「夏至(ミッドサマー)」に行われたサバトを今回は振り返ります。
そして、サバトにちなんだシャグのブレンドを(今回はゴージャスですよ…)

では、魔女が調合した秘密のシャグ・カクテルをどうぞ。

recipe:8 Midsummer night dream

魔女の夏の前のサバト事情

6月のある日ーー。
夏本番を前にして日本は絶賛梅雨真っ只中のはずなのにあんまり雨降らないけど水不足大丈夫?

私は雨の日の散歩も嫌いじゃないですよ。
雨の日は近所の草花の写真を撮りに出かけるんですが、この時期は紫陽花が綺麗に咲いていたりいつも見る植え込みの草木も瑞々しく見えますし家でごろごろしてるのはもったいない。

行きつけのお店もいいけど、新規開拓の為の散歩も兼ねていたり笑
良い感じのカフェやご飯屋さんが見付かると雨の日でもちょっと嬉しくなりますね。
クソ暑い夏がすぐそこまで来ているな…というのがひしひしと伝わって来る空の青さと白い雲。

魔女にとって「夏至」は特別な日です。
この日に収穫したハーブはより強い力を持つとされ、お守りとして使われます。
夏至には死者の魂を迎える為に火を焚きますが、同時にこの火は魔を払う力も持つものです。

夏本番を前に、魔女の夏至の儀式は始まるのです。

太陽の儀式「リーザ」とは?

第 8回レシピ、テーマはミッドサマー(夏至)。
『ミッドサマー』と聞いてあの映画を思い出す人も少なくないかと笑!

 

私たち魔女の場合は、夏至には「リーザ」というサバトを行います。
6/21は太陽の力が頂点に達する日。
リーザは年に8回ある魔女のサバトの中でも『強化』に特化した力を持ちます。
同時に自身と向き合う日でもあります。
儀式では参加者に紙に気持ちに区切りをつけたい事や自分の直したい悪い癖などを書いてもらい大釜の中で燃やしてもらうのです。
書かれた紙が燃えていく様をじっと見つめながら、自分の中のそれらが灰になるのと同じように消えてしまうよう祈り、1つの区切りを持つ為の儀式。

魔女が教えるかんたんな「リーザ」
①耐熱性の容器を用意します。
灰皿でもOKですが、エアコンの風など当たらない場所でね。
②その容器に、気持ちに区切りをつけたいことや、直したい悪い癖を書いた紙を入れ、燃やします。

特別大掛かりな儀式が絶対に必要なわけではありません。
「祈り」は「誓い」でもあり、誰でも出来る自分自身との対話。神様任せではないものです。
自分の願いに対して自分自身がどう行動するのかが重要ということ。
祈る時、願いを叶えたいなら力添えを神に頼んで達成の誓いを立てるのが儀式でもあります。
何の努力もしないで願いを叶えてくれるだなんて虫が良すぎるでしょ笑?
現代社会の中で生きている私達は、日々沢山の出来事に対処していかなくてはならない。
忙しい日々の中、自分自身と向き合う為に行う儀式を体験出来る場所として、「魔女の厨房CAULDRON」は在りたいと考えています。

※戒めとして私が燃やした紙を公開します!

(いつもすみません…泣)

21日のミッドサマーはシェイクスピアの『真夏の夜の夢』にもある通り、この日は古くから妖精と関係深い日とされています。
私の住む大阪では6/21は生憎の雨模様でしたが、元々日本の気候とは少しずれがあるサバトですから、今年のリーザは太陽の力を感じる晴れた日、6/24に仕切り直しました🌞



まるでリーザのサバトが夏を呼び寄せたかのように、ミッドサマーを向かえて太陽は力強く、陽射しは肌を刺すような熱さを持ち地上に降り注ぐようになるのです。

そういえば、今年上半期で行って来たエジプトも、GIZAのピラミッドは本当に灼熱だったな…笑
エジプトで太陽が大きく見えます。きっと大気中の塵とかのせいだと思うんですが…

魔女シャグ調合スタート

今回も魔女的な視点からシャグ(手巻きタバコ)のフレーバーを決めていきます。
夏の到来を祝う気持ちを込めて、真夏の夜の夢のような、ちょっぴり早い夏を感じる味わいにしてみましょう✨

ミッドサマーの真夏の夜の夢、妖精が現れる『あちら』と『こちら』の狭間のような、例えようの無い怪しい感じ。

ということで、
今回はちょっと禁じ手ではありますが、その例えようの無い感じをシャグ+シャグ+ハーブ+酒!で作り出してみましょう。

ハーブは太陽が最も熱く、最も強い光を放つ午後に摘むと心を強くし同時に癒しを与えるとされる「カレンデュラ(キンセンカ)」
このハーブの支配惑星は太陽。

そして魔女の「コルドロン」と呼ばれる大釜で煎じて魔法をかけた魔女の調合液にも使われる「ジャーマンカモミール」も支配惑星は太陽です。
このハーブは快活な性質を持つとされ、昔から呪いや魔術と対峙する際に使われ、災厄を払うミッドサマーには最適ですね。
「コーンフラワー(ヤグルマギク)」は支配惑星は金星、こちらはイングランドの伝承に登場するいたずら好きな妖精、ロビングッドフェローにちなんで。
メインのシャグはミッドサマーに相応しい食べ物は果物、今回は夏をイメージしたアークロイヤルのトロピカルティーを選択。


そしてサブのシャグは、パピヨンのクローブ。支配惑星は木星、こちらも悪魔払いにも使われ、ネガティブな力を跳ね返すとされます。

そこに加湿と風味付けに
エクストリーム アブサント ビターを数滴…

因みにアブサンの原料に使われるワームウッドを燃やすと精霊を呼び出す事が出来ると言われています。
私はアブサンが大好きです❤

そしてこのエクストリーム アブサント ビターはカクテルにほんの少し使うだけで最高に香り高いものにしてくれるスグレモノ。
トニックウォーターにライムを絞って、エクストリーム アブサント ビターを数滴垂らすカクテルはお酒があまり強くない方でも楽しめるアブサンのカクテルです。

さて、
夏至の儀式「リーザ」のためのシャグ、実喫してみましょう。

シャグ・カクテルの香味は?


アークロイヤルのトロピカルティーの南国の果実
に重なるパピヨンのクローブのエキゾチックな香り。
ハーブのふんわりとした僅かに感じる華やかさ
アブサンの舌先に熱を感じるような風味。
バニラフレーバーのフィルターを使っていますがシャグの味は決して負ける事は無く甘やかな味を感じる良い出来栄えです。
儀式の終わりに吸うブレンドとして、インセンスのように香るシャグのカクテル。

例えようの無い、真夏の夜の夢のような。何だかふわふわとした不思議な味わい。
ーーみなさんが夏を感じるものは何ですか?

________________________________________

Midsummer night dream
【スモーキー】 ☆☆☆★
【スパイシー】 ☆☆☆★
【甘さ】☆☆★★
【レシピ】
シャグ=
メイン;アークロイヤル パラダイスティー
サブ;パピヨン クローブ
フレーバー=フルーツティー・クローブ・アブサン
ペーパー=LIBERIA EXTRA THIN
フィルター=PURE200 SLIMS SuperLong Vanilla
スパイス=なし
ハーブ=カレンデュラ・ジャーマンカモミール・コーンフラワー

あわせて読みたい

今週のプレゼント