魔女が教える秘密のシャグ・カクテル【recipe:9】Harvest=収穫=

今月の「魔女シャグ」は?

一般的な紙巻きたばこよりコスパがいいだけでなく、シャグ・巻紙・フィルター、さらにスパイス・ハーブ・オイルなどをプラスして自分だけのオリジナルブレンドを作れる「手巻きタバコ=シャグ」。その奥深い魅力を「おまじない」と「調合」のエキスパートである魔女さんのブレンドで探究する「シャグ・カクテル」連載です。

▶いままでの『魔女シャグ』はこちら

案内役は”現代魔女”の弥富マハさん。

弥冨Maha
現代魔女術実践家
生きものから食べものへ 育み刈り取り繋ぐ者として「食」を通して母なる大地との循環を伝える者。
大阪道頓堀の川沿いにある隠れ家Restaurant&BAR 魔女の厨房CAULDRONのオーナー兼シェフ
辺境国を旅する事と異国の飯と煙草が好きな人。
memo:”現代魔女”とは?
中世、「魔女狩り」によって絶えたかに思われた「魔女=WITCH」の力強い精神を現代に受け継ぐ人々。その活動は占いや儀式といったスピリチュアルな営みだけでなく、エコロジーなどの社会的発信、チャリティ活動、ファッション・料理まで多岐にわたる。なお、「WITCH」に性別は関係ない。

8月、ケムール読者の皆様はどうお過ごしですか? そろそろ期末も見えてきて憂鬱な方もいるかも、夏季休暇を楽しみにしている方も。
この先に思いをはせるのも大切ですが、一日一日をチルに生きている「現代魔女」の生活をちょっと覗いてみませんか。(今月はオマケの映画紹介もありますよ。)
では、魔女が調合した秘密のシャグ・カクテルをどうぞ。

recipe:9 Harvest=収穫=

8月は収穫のサバト

いま、私は某県某山の中のログハウスにいます。
緑豊かなこの土地は草木が繁り、夏の花が太陽の恩恵に蕾を開く。

8月、夏真っ盛りの中で魔女たちが行うのは、「ルーナサ」または「ラマス」と呼ばれるサバト(儀式)です。

夏至を境に日は短くなり、太陽はその強さを失って行き夜が日に日に長くなっていく季節、穀物の収穫に際して神に感謝を捧げる日。ルーナサは”収穫祭”と考えていいと思います。実りの秋に向かって作物がさらに豊かに実るよう祈ったことが起源といわれ、秋よりも一足早い、一年で最初の収穫祭というわけ。

さて、「ルーナサ」では、どんなことをするのでしょうか?
8月1日、英国では新麦の粉で作ったパン「コーンドール」と呼ばれる人形を作り神に捧げて祝います。
このとうもろこしで出来た人形はケルト民族の習慣では春の訪れを祝うインボルグの日まで祀り、とうもろこし畑へ埋め返して精霊へ作物の収穫を祈るのだそうです。

これが、今年のルーナサで私が作ったコーンドール。ーー禍々しいと評判です。

捧げものとして小麦のパンも焼いてみました✨

この独特な形をした小麦のパンは、太陽を模して作ったウズベキスタンの「ノン」という丸いパン。ノンを作るのに欠かせない道具「チェキチ」は現地で購入したものです。

👆これがチェキチ

ちなみにーー水は硬水を使う方がパンは美味しく出来るんですよ!

チェキチを手に入れたウズベキスタンはこんな場所です。

神々への返礼品

今回は少し供物の話しをしますね。
人間は植物や動物を食べなくては生きていけませんが、私たち魔女はそれらを神々からの贈り物と考えています。
神々からの贈り物は調理されて食べ物となり、空腹を満たし、渇きを潤し、喜びを与え、体を作ります。

そして私たちはそうした贈り物を人間の手を経なければ作れない物(パンや煙草、酒やインセンス、香油など様々なもの)に変えて、返礼品として神々に捧げる。
神々への感謝は何も絶対に特別なものでなければならない決まりはどこにもありません! 魔女だけではなく、誰もが神々に贈り物の感謝の祈りと返礼品を贈れるんですよ。

この連載で書いてきた「シャグ」も、煙草葉を刈り取り、乾燥させ、様々な工程を得て煙草になりますね。
煙草の葉を手巻きタバコにする事も、人間の手を経なければできないこと。あなたが喫うその煙草も感謝の祈りを捧げて火を点ければ、その煙は天にのぼり、神々の元に届く。
そう考えてみたら、魔女の世界はずっと身近に感じませんか?

最初の収穫祭のサバト

魔女シャグ第9回レシピ、テーマは一年で最初の収穫祭として果物を。

「桃」。

夏から秋の果物は色々ありますが、今日来ている某県は桃で有名な場所です。

桃は日本では魔除けの効果があるとされています。有名なのはこんな伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)の神話。

黄泉の八雷神を産んで死んでしまった伊邪那美を取り戻すため、黄泉の国に会いに行った伊邪那岐。約束を破って、伊邪那美の醜く変わった顔を見てしまった伊邪那岐は、黄泉の醜女達に追われた際にあわやというところで桃の木に登り、その実を醜女にぶつけて撃退し、助かったという。

このときから、桃の実は「意富加牟豆美命」(オオカムズミノミコト)という神の名前を授かったといいます。桃の強い霊力は悪しきものを祓う力を持つとされているんです🍑

魔女シャグ調合スタート!

さあ調合していきますよ!

魔除けの効果もある桃、最初の収穫祭の最初の果実として、今回のシャグは「ブラック・スパイダー」のピーチフレーバーを使用してみます。このシャグのピーチの香りはタバコ葉の柔らかい香ばしさをまとっためっちゃジューシーなピーチティー🍑

暑い夏、桃のフレーバーを楽しみつつ涼しくなりたい!
スムージー的な冷たさが欲しい…そこで今回はスパイスは控え目に…カルダモンでピリッとした軽いアクセントを加えました。

ペーパーはちょっと薄めのもの。Legalize チャッカーズ HIGH QUALITY HEMP PAPERです。

こちらはローチフィルター(編集部注:コットンが詰まっていない、紙を丸めたスカスカのフィルター)も一緒に付いてて便利。
最近私が愛用しているペーパーなんですよ🙂

でも今回はローチではシャグカクテルの目的が果たせないのです。

その「目的」とは…コレです!

このキラキラした結晶、最近使ってる人周りに全然いないんですけど、知ってる人は知ってるコレ!

メンソールの結晶✨

こちらをですね、シャグを巻いた後のフィルターにお好みでサクッと差し込みまして~(フィルターはおなじみPURE 200のレギュラーを使っています)

ライターで一瞬炙ります! すると結晶はすっと溶けてフィルターに染み込んじゃうんです。

お気に入りで使っているこのオイルライターはケムールで作った私のレストラン「魔女の厨房CAULDRON」オリジナル!
艶やかでミステリアスな輝きのミラーブラックのボディには、魔女の大釜(CAULDRON)のシンボルが🤘

私は週に1度拝火をしているのですが、このオイルライターはその際にも役立っています。
100円ライターは手頃だけどすぐ失くしちゃうし、マッチも好きだけどしけりやすい。
オイルライターにしてからは失くしませんw

こうして仕込んだ今月のシャグカクテル。「Hervest(収穫)」と名付けましょう。
いざ実喫🚬

シャグ・カクテルの香味は?

まず来るのはメンソールのキックの強さ!
喉が涼しいぃぃーーー!

ブラックスパイダーのピーチフレーバーは煙を吐き出した時は、舌に僅かに感じる程度かな?と思いきやーー。タバコ葉の香ばしさと相まってノンシュガーのピーチティーがふわっと🍑
アクセントにピリッとカルダモンが際立ちます。

そして最後までメンソールをしっかり感じる、このシャグ・カクテル。まだまだ暑い夏の盛りにピッタリの香味ですよ。神々からの贈り物に感謝し、返礼品を捧げる気持ちで。丁寧にブレンドして、巻いて、喫ってみてくださいね。

________________________________________

Harvest =収穫=
【スモーキー】☆★★
【スパイシー】☆☆☆
【甘さ】☆☆★
【レシピ】
シャグ=BLACK SPIDER PEACH
スパイス=カルダモン
ペーパー=Legalize チャッカーズ HIGH QUALITY HEMP PAPER
フィルター=PURE200レギュラー
フレーバー=メンソールの結晶(さっとライターで炙って。)

オマケ:”魔女い”映画紹介「女神の継承」

今回は、ちょっと注目の映画を見つけたのでおススメ。

7/29 から公開中の『女神の継承』!観た方いらっしゃいますかね? 魔女的な視点で見ると、かなり面白い…「魔女い」映画というわけ。

 

あらすじ

『チェイサー』『哭声 コクソン』のナ・ホンジンが原案・製作、ハリウッドリメイクされた『心霊写真』『愛しのゴースト』を手がけたタイのバンジョン・ピサンタナクーン監督がメガホンをとった、タイ・韓国合作のホラー。

ドキュメンタリーの撮影でタイの小さな村にやってきたクルーたち。
彼らはその村で「女神」に仕えるシャーマンの女性ニムに出会うーー。
というモキュメンタリー(フェイク・ドキュメンタリー)映画。

物語は、タイ東北部にある村で古より人々に信仰される『女神』の巫女の血筋の兄、姉、妹とその姉の夫の死をきっかけにしてはじまります。
「霊能力の継承」という一族の定めと、「神が継承者を選ぶ」という不確かな未来。
『この二つが衝突する様子を描きたかった』
と、ナ・ホンジンは本作のコンセプトに言及しています。
ー祈りの先に 救いはあるのかー
その言葉の意味を考えざるを得ませんでした。

キーになるのは、見えざる世界と現世を繋ぐ霊媒。「祈祷師」「呪術師」「シャーマン」「巫女」などとも呼ばれる存在、これらは私たち「現代魔女」の在り方にも通じています。
『魔女』とは1つの呼称に過ぎず、それは様々な呼称で世界中に存在しています。
女神や精霊は空気と同じように目に見えず、呼吸しても意識しなければ認識できない。でも確かに存在するもの。現代社会において軽視されつつある『畏れ』をテーマにした映画でした。

映画を見終わった後は、作中の重く湿ったまとわりつくような亜熱帯の森と雨と土の匂い、そしてじっとりと皮膚を覆うような熱が、映画館から出た後の昼下がりの夏の暑さと絡み合うようでした。

監督はストーリーを練り上げるために「30人以上の祈祷師に会い、専門家にも助言を仰いだ」らしいです。
映画を観ながらでもストーリーに追いつくことは十分できますが、鑑賞後に場面を思い返しながら伏線を紐解くのもアリ。特に考察が好きな人には凄くいい映画ですね。

これはパンフレット買うしかない…

いえ、パンフレット以外もけっこう買ってしまいましたw

タイという日本人にも身近な国でありながら、東北部の村という未知なエリアが映画をより現実的に思わせ、更にモキュメンタリーの見せ方が現代ホラーらしい圧巻の出来!

映画を見終わった私はめちゃくちゃタイに行きたくなりました笑

文・弥冨Maha  注釈:ケムール編集部
Twitter:@cauldron_dtb
Twitter:@magna_maha
instagram:cauldron_dtb

あわせて読みたい

今週のプレゼント