ケムール一周年記念超特別プレゼント【第4報!】ライテック、宮古島で世界的な大会を開催!?

ケムール1周年記念のスペシャルプレゼント→それは「宮古島旅行」
( 宮古島ってどんなにイイところ?→こちらをクリック!
ということで、宮古島の情報を毎週お届けしていますが、先週は、ケムールを運営するライテックがどんなキッカケで宮古島と縁ができたかについてお伝えしました。はい、ライテックで輸入する防水 Bluetoothスピーカー  Scosche(スコーシュ)のPV撮影や宮古島でのウインドサーフィンイベントを協賛したことがキッカケでしたね。

それで、宮古島の魅力!

取り憑かれてしまったライテックは、その後、グングンと宮古島に関わります。
んで、2020年には、なんと、「世界でいちばんビッグなイベント」を招聘してしまうのです\(◎o◎)/!

どんなビッグなイベント

もともとはフランス・グリュイッサンで開催されていて、こんな感じです。

専門誌でも、このイベントを「世界最大級」ではなく「世界最大」と断言していて、なにしろ1400人が一斉にスタートして40kmを走って帰るというマラソンレースなのです。

Windsurfing magazine(ウインドサーフィンマガジン)

  1,400名一斉スタートのウインド・マラソン 《 Defi-Wind 2017 》 なんだか今年は吹いてますね。各地…

「1400人? 東京マラソンなんて37000人じゃん」

と、言うことなかれ。このレースのスタートは、競艇みたいに全速力で走り抜けるタイプのスタートなのです。それが1400人、しかもそのまま全速力で40kmですから、もはやクレイジーとしか言いようのないイベント。

そ、それを、宮古島で・・・(・。・;

やってしまったんです

とうとうというか、ついのそのイベントのオーガナイザー(フィリップ・ブル氏)とそのクルーを宮古島に招き、こんな感じでやってしまいました。動画はフィリップ氏の息子さん・ジュリアン氏の編集なので、東京・渋谷に来たところから紹介されています。映像作家なんなので、とても美しくまとめられていますよ。

この動画が、2019年に行われたDefi wind JAPANの様子。ここにも宮古島の美しい海や景色がたくさん登場します。
いや〜、それにしても外国人の選手が多い! そうなんです、Defi windはそれくらい世界的に有名なイベントなのです。

アジアで初の世界大会ですから、もちろん新聞にも載っちゃいます。

世界的なウインドサーフィン大会を開催

せっかく宮古島でやるイベントだから・・」ということで、トロフィーも宮古島のシーサー工房で作ってもらいました。これがまた美しい!

デフィウインド日本大会のために作られたシーサーのトロフィー

シーサーは、沖縄の魔除け、あるいは守り神として知られますが、宮古島のは、どことなく愛嬌があってユーモラスな印象もあります。オリジナルシーサーや、その制作体験ができるスポットもあるので、「旅の思い出を自作で」ということもできちゃいますよ。

体験工房シーサーモノガタリ
沖楽

すべて手作り!一点物のシーサーと出会える宮古島の体験工房♪…

この動画の中に出てきますが、イベントの陸上本部が設えられたのが、東洋一美しいと言われる前浜ビーチの丘にあるビーチハウス。普段はこんな感じです。

与那覇前浜にあるビーチハウス
与那覇前浜にあるビーチハウス

このビーチハウスは、よくテレビの旅番組などにも登場するスポットなので、観光客も必ずといっていいほど立ち寄るところ。普段はこんな感じですが、ここにイベント用の大型ステージを特設します。デフィウインド日本大会では大活躍していました。

そして下の動画が、その翌年の様子です。
こちらも本国フランスのクルーが撮影して編集されたもの。宮古島の神社とかいろんな景色も写ってますが、フランス人から見た宮古島がどんな感じなのかもわかって面白いです。

大勢の外国人選手が映っていますが、このメンツも見る人が見たらすごい人たち。ビヨン・ダンカーベック、アントワン・アルボーなど、バスケで言えばマイケル・ジョーダン、サッカーで言えばマラドーナのような人たち!
そんな人たちを世界から集めてしまうなんて・・・

すごいぞ、宮古島!

こんなにも宮古島に魅力があるのは・・

●サンゴ礁によって出来た島なので砂や水がキレイ
●大海原にぽつりと浮かぶ離島なので空気がキレイ

これがあるから。

ということで、ライテックは宮古島のビーチクリーンなど、環境問題にも取り組みはじめたのです。
漂着ゴミの多い宮古島東海岸を中心に定期的にゴミを回収する活動を続け、なんと・・

ゴミの回収量:4,054.9kg(2021年9月現在)

すばらしい!
すばらしいけど、どこへ向かっているんだ、ライテック!?

という声をよそに、昨年(2020年)の7月に、コテージ型ホテルを宮古島にオープンするのです!

宮古島にオープンしたコテージ型ホテル

そうです。この後は、たぶんあなたの想像通りの展開です。

今回の「ケムール1周年記念特別プレゼント南の島旅行」は、「宮古島への往復航空券」と、こちらの「コテージ型ホテルの宿泊券」になります!

ど、どんなホテルなんだぁ〜!?

わかります、聞こえます、読者のみなさんの声が。
もちろん、詳しくご紹介しますよ!

ということで、来週(11月30日)の「ケムール1周年記念特別プレゼント第5報」では、宿泊するコテージ型ホテルのことをご案内します。それではお楽しみに!

ケムール1周年記念特別プレゼント
パスポートのいらない南の楽園、宮古島旅行を!

応募開始は12月5日!

関連記事

ケムール1周年記念のスペシャルプレゼント→それは「宮古島旅行」! パスポートのいらない南国の楽園・宮古島、その魅力とライテック(このケムールを運営する会社ですぞ)とのつながりについて、これまで4回にわけてお伝えしてきました。 復[…]

今週のプレゼント