タバコの上手な吸い方とは?煙の吸い込み方やいろいろな持ち方を紹介

タバコを楽しむためには、まず吸い方を覚える必要があります。

「火を付けて吸い込むだけでしょ?」と思うかもしれませんが、初心者のうちはむせてしまうことも多く、意外と難しいもの。

また、慣れてきたらタバコの持ち方にもこだわりたいところです。

ここではタバコの基本的な吸い方や、より素敵に見えるいろいろな持ち方をご紹介します。

タバコの基本的な吸い方


最初に、タバコの基本的な吸い方を確認しておきましょう。初心者の方はもちろん、ベテランの方も自分の吸い方を再チェックしてみてください。

「ケムール」では毎週読者プレゼントを実施しています!
……喫煙具・お酒・コミック・TOYなど……
👇 今週は何が当たる?👇

【プレゼントを見る】

①煙草の葉を詰める

まずは未開封のタバコ葉を逆さにして、手のひらやテーブルなどでトントンと4~5回叩きます。開封済みの場合は、1本取り出した後にフィルター側を下に向けて同じことを行いましょう。こうすると中のタバコ葉が詰まって密度が上がり、味のムラがなくなったり燃え方が一定になったりするとされています。

もちろんこれは、タバコを吸うために必須ではありません。一種の慣例に近いところもあり、「いつも癖でやっているけど、味が変わると感じたことはない」という方もいるでしょう。そのため、必要なければ省略しても大丈夫です。

②タバコを取り出す

封を開けてタバコを取り出します。固く詰まっていて取り出しにくい場合は、指で箱の上部をトントン叩きましょう。タバコが少しずつ飛び出してきて、指でつまみやすくなります。唇や歯で直接加えて取り出してもOK!

③タバコを咥える

取り出したタバコのフィルター側を口にくわえます。フィルターのない両切りタバコはどちらをくわえても構いません(強いていえば銘柄の表示がある方をくわえる)。口の真ん中と左右のどこでくわえるかもお好みで大丈夫です。

④タバコに火を付ける

いよいよ着火です。ライターやマッチを点火してタバコに近づけ、先端に火を当てましょう。周囲の人や物に火が当たったりしないよう、十分に注意してください。なお、この時点ではまだ完全に着火されてはいません。

⑤タバコを吸う

タバコに火を付けると同時に、タバコを少し吸います。タバコをストローに見立て、強く短めに吸うのがポイントです。この時吸い込んだ煙は肺に入れず、口の中でふかして構いません。タバコの先端が赤く燃え出したら着火成功です。

⑥煙を吐き出す

口からタバコを離し、煙を吐き出します。後は、煙を吸ったり吐いたりを繰り返してタバコを味わいましょう。吸い込んだ煙を肺に入れるのか、それとも口の中にとどめるのかについては、後ほど詳しく解説します。煙を吐く時は、鼻からでも口からでもお好みでどうぞ。

⑦灰を落とす

タバコを吸うと、先端にだんだん灰が溜まっていきます。放っておくと重みで落ちてしまうので、必ず灰皿に落としましょう。うっかり床に落として焦がしたりしないようご注意ください

⑧火を消す

タバコを吸い終わった後、忘れてはならないのが火の始末です。灰皿にタバコの先端を押し付けて潰し、煙が出なくなったのを確認してください。灰皿のない屋外などでは、不燃性のものに押し付けて消火します。もちろん、火が付いたままの放置や吸殻のポイ捨ては厳禁です

タバコの煙は肺に入れる?それともふかす?


タバコの吸い方において特に重要であり、初心者が戸惑いやすいポイントが「煙を肺に入れるのか、口の中にとどめる(ふかす)のか」です。正確な用語だと、前者は「肺喫煙」、後者は「口腔喫煙」といいます。それぞれの吸い方の特徴を比較してみましょう。

肺喫煙

多くの場合、紙巻きタバコは肺喫煙で味わいます。ほとんどの紙巻きタバコにはフィルターが付いていて、煙の成分がマイルドになっており、肺まで吸い込みやすいからです。とはいえ、初心者はむせてしまうことも多く、うまく肺に入れられるよう少し練習が必要になることもあります。

ポイントは、吸い込んだ煙を一旦口の中に溜め、少し待ってから深呼吸するような感覚で煙を肺に落とすことです。こうすると、煙の温度が下がって味も和らぎ、むせにくくなります。それでもうまくいかない場合は、タールが重すぎるのかもしれません。少しタール値の低いタバコに切り替えて試してみてください。

口腔喫煙

葉巻タバコや煙管を使って吸うタバコは、基本的に煙を肺に入れず口の中でふかします。これらのタバコにはフィルターが付いていないので、煙を肺に入れるには少々きつく、そもそも肺に入れなくても十分ニコチンを摂取できるからです。もちろん、紙巻きタバコを口腔喫煙で味わうこともできます。

タバコをふかすのはダサいのか?

「紙巻きタバコは口腔喫煙でもいいのか」は、喫煙者の間でしばしば議論になります。中には「タバコをふかすのはダサい」という人もいるほどです。タバコをふかしていると、初心者が無理に吸っているように見えることがあるからでしょう。

しかし、タバコというものは嗜好品であり、どのように味わっても構わないものです。むしろ、タバコ本来の味や香りを楽しむなら、ふかしタバコの方が適している場合もあります。肺に入れたいのにうまくいかない場合はともかく、自分の好みで口腔喫煙をする分にはまったくダサくありません。何度か試してみて、自分に合った方を選びましょう。

タバコのいろいろな持ち方


タバコを吸うのに慣れてきたら、次は持ち方にもこだわってみましょう。持ち方次第で、喫煙者の姿はより素敵になりますし、安定性などの実用的なメリットが得られることもあります。一般的に使われる持ち方は以下の通りです。

中指と人差し指で持つ

最も基本的なのは、人差し指と中指の第一関節と第二関節の間辺りにタバコを挟む持ち方です。初心者はまずこの持ち方から試しましょう。

中指と人差し指の根本で持つ

基本の持ち方よりタバコを下げ、中指と人差し指の根元で挟むようにすると、吸う時に手で口元を覆うような姿になります。渋くてかっこいい吸い方をしたい人におすすめです。

中指・人差し指・親指で持つ

3本の指でタバコを持つと、2本だけで挟む持ち方に比べて安定します。しっかり保持したい方に向いているでしょう。自然とこうなっていることもあります。

親指と人差し指で持つ

親指と人差し指だけでタバコをつまむように持つと、ちょっとやんちゃな感じになります。一方、手でタバコを包むような持ち方になるので、近くの人などにうっかり触れてしまう可能性が低く、意外と安全性が高いというメリットも。

中指と薬指で持つ

そんな持ち方する人いるの?と思うかもしれませんが、中指と薬指の間にタバコを挟む人も実際にいます。吸う時に手で顔を覆うような形になり、とても個性的です。

下から支えるように持つ

要するに煙管のような持ち方です。とてもおしゃれですが、紙巻きタバコでは少々難しいでしょう。加熱式タバコなら製品によっては可能です。

紙巻きタバコ以外のタバコの吸い方


ここまでは紙巻きタバコの吸い方をご紹介してきましたが、タバコの種類は他にもいろいろあります。そこで最後に、紙巻き以外のタバコの吸い方を簡単に見ていきましょう。

葉巻の吸い方

葉巻を吸う時は、まずシガーカッターなどを使って先端を切り落とし、さらにじっくりと火で炙って着火します。もちろんニコチンは含まれていますが、香りを楽しむのがメインのタバコなので、前述したように吸い方は口腔喫煙が基本です。大きいものだと、1本で1時間以上も吸えるため、芳醇な香りをゆったりと楽しみましょう

水タバコの吸い方

水タバコ(シーシャ)はフレーバーつきのタバコ葉を火皿で燃やし、発生した煙を水の中をくぐらせて吸引します。他のタバコとは異なり、「吐き出しながら味わう」のが大きな特徴です。そのため、煙は肺に入れますが溜めておかず、煙が薄まらないようすぐに吐き出します。「フーッ」ではなく「モワ~」と吐き出すのが、味をはっきり感じるためのコツです。

パイプの吸い方

パイプでタバコを吸う時は、よく揉みほぐしたタバコ葉を3~4回に分けて入れ、ボウル容量の80%程度まで詰めます。喫煙中にタンパーでタバコ葉を押さえると下の方が圧縮されていくため、下層のタバコ葉は柔らかく詰めるのがポイントです。

詰め終わったらパイプをくわえ、吸引しながらタバコ葉全体に着火。するとタバコ葉が盛り上がってくるので、タンパーで押さえて落ち着かせます。タバコ葉の表面が炭化したら、表面全体に改めて火を付けて着火完了です。喫煙時は、呼吸するようにゆっくりと吸ったり吐いたりして楽しみましょう。

加熱式タバコの吸い方

加熱式タバコは、専用のガジェットを使ってたばこスティックを加熱し、発生したニコチン入りの蒸気を吸引します。そのため、説明書に従ってガジェットを操作することが何よりも重要です。蒸気を吸い込む量などに決まったルールはなく、glo(グロー)をリリースしているBAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)は、推奨する吸い方はないと明言しています。

まとめ

タバコの吸い方は決して難しいものではなく、初心者でも少し練習すれば簡単に慣れることができます。火の取り扱いや後始末といった安全面に配慮すれば、基本的にはどのような吸い方をしても構いません。煙を肺に入れるかどうかや、タバコをどのように持つのかも自由です。自分なりのスタイルを探して、じっくりタバコを楽しみましょう。

「ケムール」では毎週読者プレゼントを実施しています!
……喫煙具・お酒・コミック・TOYなど……
👇 今週は何が当たる?👇

【プレゼントを見る】

あわせて読みたい

今週のプレゼント