加熱式タバコの臭いは紙巻きより少ない?各ブランドの臭いや対策を紹介

一般的に、加熱式タバコの臭いは紙巻きタバコより少ないといわれています。

これが本当なら、タバコの臭いに悩みがちな愛煙家にとっては喜ばしい話です。実際のところ、有意なレベルで臭いは少ないのでしょうか。

また、加熱式タバコでも製品によって差はあるのでしょうか。ここでは、加熱式タバコの臭いに関する知識をご紹介します。

加熱式タバコは臭い?臭くない?

加熱式タバコは臭い?臭くない?

まずは、加熱式タバコは臭いのか臭くないのかをはっきりさせておく必要があります。紙巻きタバコと比較した場合と、もう少し厳密に評価した場合の2通りで見ていきましょう。

紙巻きよりは確実に臭いは少ない

結論からいうと、加熱式タバコの臭いは紙巻きタバコに比べて確実に少ないです。その理由は、加熱式タバコと紙巻きタバコの仕組みの違いにあります。

紙巻きタバコはタバコ葉を燃焼させ、発生した煙に含まれるニコチンを吸う仕組みです。この煙には有害物質であるタールが含まれており、強い臭いを発します。

タールは500℃以上の高温でよく発生する性質があり、紙巻きタバコの燃焼温度は700℃~900℃にもなるので、どうしても大量のタールが発生してしまいます。

一方、加熱式タバコはタバコ葉を加熱し、ニコチンを含んだ蒸気を発生させて吸引する仕組みです。燃焼させない分、その温度は紙巻きタバコに比べて低く、最高でも350℃程度にしかなりません。

そのため、発生するタールの量を大幅に抑えられ、臭いも少なくなるのです。

臭いがゼロというわけではありません!

「紙巻きタバコより大幅減」と聞いて、「じゃあ加熱式タバコの臭いは無視できるレベルなんだ!」と思った方もいるでしょう。

しかし、残念ながらそう都合よくはいきません。少ないとはいえタールを発生させているため、タバコを吸ったことがわかる程度の臭いは発生します。それを不快に思うかどうかは人それぞれです。

また、加熱式タバコはタバコ葉を加熱するという性質上、燃焼させるのとは違う独特の臭いを出します。

中には「加熱式の臭いの方がイヤ!」という人もいるほどです。つまり、「加熱式だから紙巻きより臭わないはずだ」と単純に考えるのはよくありません。加熱式タバコの臭いを取り巻く事情は、なかなか複雑なのです。

加熱式タバコでも口臭・体臭には注意!

加熱式タバコでも口臭・体臭には注意!

タバコを吸っている人は、口臭や体臭もきつくなる傾向にあり、人によっては煙の臭い以上に気にしています。実は加熱式タバコも、これらの問題が完全になくなったわけではありません。それぞれの臭いがきつくなってしまう理由を知っておきましょう。

口臭がきつくなる理由

紙巻きタバコを吸っていると口臭がきつくなるのは、煙に含まれるタール(ヤニ)が歯に付着して悪臭を放つからです。

また、ニコチンには唾液の分泌を抑制する作用があり、口内の殺菌能力を低下させて雑菌の繁殖を促し、臭いを悪化させます。加えて、呼気にも臭いの原因物質が混ざるようになるので、喫煙者はどうしても口が臭くなるのです。

そして、加熱式タバコの蒸気にもタールやニコチンが含まれている以上、口内環境の悪化は避けられません。

もちろん紙巻きタバコに比べると抑えられているのですが、タバコを吸わない人に比べれば口が臭くなりやすいことを覚えておく必要があります。

体臭がきつくなる理由

加熱式タバコはタールの発生量が少ないのに加え、煙ではなく蒸気を発生させることから、髪や服などに付着する臭いは大幅に抑えられます。

しかし、これもやはりゼロというわけではないため、密閉空間で加熱式タバコを吸い続けていたような場合は、臭いが付着してしまうこともあるでしょう。

そして、タバコを吸うとニコチンの作用で交感神経が刺激され、男性ホルモンが増加して皮脂の分泌量が増えます。

皮膚や毛穴に溜まった皮脂は、雑菌に分解されて臭いを放つようになります。こちらも紙巻きタバコに比べて抑えられてはいますが、喫煙量の多い方は注意が必要です。

加熱する温度によって臭いも変わる

加熱する温度によって臭いも変わる

加熱式タバコの臭いについて考える際、ぜひ注目しておきたいのが加熱する温度です。加熱式タバコは、加熱する温度によって「高温加熱式」と「低温加熱式」に大別されます。

高温加熱式は、200℃以上の高温でタバコ葉を直接加熱します。

一方、低温加熱式は200℃以下の低温でリキッド(液体)を加熱し、その蒸気をタバコ葉に通す仕組みです。

前述したように、タールは高温で加熱すればするほど発生しやすい性質があります。

つまり、同じ加熱式タバコでも、低温加熱式の方がよりタールが発生しにくいのです。ただ、その分タバコの喫味も低下してしまうため、一長一短といったところです。

加えて、高温加熱式の中でもさらに温度が細分化されるため、自分に適したものを選ぶ必要があります。

加熱式タバコの大手3ブランドの臭いを比較!

加熱式タバコの大手3ブランドの臭いを比較!

先に少し触れた通り、加熱式タバコは紙巻きタバコとは違う独特の臭いを出します。

その臭いの程度が加熱温度によって左右されるわけですが、各メーカーの製品は具体的にどのような臭いなのでしょうか?加熱式タバコの大手3ブランドの臭いを比較してみましょう。

iQOS(アイコス)

アイコスはPM(フィリップモリス)が販売している、加熱式タバコのトップシェアブランドです。高温加熱式の中でも最も高い、300℃~350℃程度で加熱するのが特徴で、それゆえに「アイコス臭」と呼ばれる酸味のある独特の臭いがします。

また、焼き芋や焦げたポップコーンのような臭いがすると感じる人もいますが、これも高温の影響によるものです。

glo(グロー)

グローはBAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)が販売しているブランドです。アイコスと同じく高温加熱式ですが、その温度はやや低い240℃~280℃程度になっています。

そのため、紙の焦げた臭いやポップコーンのような臭いがするのは同じですが、アイコスに比べると抑えめです。ほうじ茶に例えられることもあります。

プルーム

プルームはJTが販売しているブランドです。シリーズの代表格であるプルーム・テックは、今のところ日本唯一の低温加熱式で、加熱温度は30℃。

喫味は非常に軽いものの、その分臭いも大幅に抑えられ、ほぼ無臭と感じる人もいます。加熱温度を40℃に高めたプルーム・テック・プラスや、高温加熱式のプルーム・エックスなども発売されており、選択肢は豊富です。

加熱式タバコの臭いを抑えるための対策

加熱式タバコの臭いを抑えるための対策

ここまで見てきたように、加熱式タバコの臭いは紙巻きタバコに比べて抑えられているものの、決して無臭ではありません。

さらに臭いを抑えたい時は、もう少し工夫する必要があります。誰でもできる対策をご紹介しますので、気になる方は試してみてください。

加熱する温度の低いものを選ぶ

高温加熱式より低温加熱式、高温加熱式の中ではアイコスよりグローというように、温度の低いものを選べば臭いは減らせます。ただ、同時に喫味も減ってしまうので、バランスを考えて選びましょう。

好ましい臭いのものを選ぶ

どの程度の臭いを不快に感じるのかは人それぞれです。アイコスの臭いでも平気という人もいれば、グローの臭いでも我慢ならないという人もいますし、それこそ紙巻きの臭いの方が好きという人もいるでしょう。

「加熱式タバコ」でひとくくりにせず、周囲の人の意見も聞きながら、より好ましい臭いのものを探してみてはいかがでしょうか。

吸い終わったらスティックをすぐに抜く

加熱式タバコを吸い終わって電源が切れたとしても、しばらくは余熱で蒸気が発生し続けています。これは余計の臭いを発生させる原因になるので、吸い終わったらすぐにスティックを引き抜きましょう。

なお、引き抜く際はそれなりの蒸気が出るため、窓の近くなどで行うのがおすすめです。

吸い終わったスティックは部屋の外に出す

加熱式タバコのスティックは、使用した後も臭いを放ち続けているため、部屋のゴミ箱などに捨てるとそこから臭いが漂ってきます。

スティックの熱が冷めたら、密閉された容器に入れておくか、屋外のゴミ箱などに出してしまいましょう。

換気や歯磨きをしっかりと行う

こまめな換気は、部屋に漂うタバコの臭いをなくすための最も基本的な対策です。

また、手についた臭いは手洗いで落とせますし、口臭は歯磨きによって防ぐことができます。こういった基本的な対策を毎日続けることが、ある意味では1番重要です。

まとめ

タバコの臭いを抑えたい場合に、加熱式タバコが有力な選択肢になるのは間違いありません。

しかし、加熱式タバコにしたからといって、臭いをゼロにできないのも確かです。喫味と臭いのバランスの取れた理想的な銘柄を探すとともに、基本的な臭い対策をしっかりと行って、加熱式タバコをじっくり楽しみましょう。