ケムールポーカートーナメントの裏側【特別編 :木原直哉さんが見たKPT】

ケムール主催のポーカー大会「ケムール・ポーカー・トーナメント(KPT)」!!

・出場者は招待された実力派のポーカープロ
・当日の試合はYouTubeライブでリアルタイム配信
・優勝者には、WSOP出場のための資金1万ドル(+渡航費&滞在費2,000ドル)を進呈
・KPTの優勝者がWSOPに出場し、賞金を獲得した際は、獲得賞金の10%でケムール読者還元企画を実行予定!

3月8日の大会を勝ち抜いた青山輝久(テル)さんをWSOPメインイベントに送り出すため、スポンサード契約の準備を進めています。

2022年のWSOPのメインイベントは7月3日~7月6日に開催。(▶公式サイト)
続報を楽しみにお待ちください。

WSOP・メインイベント ファイナルテーブル 画像:pokernews.com

さて今回は、大会を監修していただいたプロポーカープレーヤー・木原直哉さんにKPTを振り返っていただきます。

木原さんには大会の企画から関わっていただきました。
国内でもまれにみる豪華な参戦者を集め、超ハードなストラクチャーを作り上げて熱戦の舞台を用意した木原さん。テーブルを降りたあとは解説席に入り、実況の小林みやひさんとともに数時間にわたってガチ勝負を盛り上げました。
そのなかで印象に残ったプレイやハンドを存分に語ります。

の、前に。

KPT運営事務局よりおしらせです!!

① 3月8日に開催されたKPTのダイジェスト動画が完成しました!

▶【参戦者紹介】①

▶【参戦者紹介】②

もうひとつ。

②KPTのおみやげプレゼントがはじまっています!🎁

応募はケムールSNSをフォロー&RTするだけ!👇

Twitter:@kemur_jp

大会は終わっても、まだまだ続くKPTのお知らせでした。
では、木原さんのメッセージをどうぞ。


木原直哉(きはら・なおや)
1981年7月23日生まれ、北海道出身
2011年3月、東京大学理学部地球惑星物理学科卒業
同年7月、初出場のWSOPメインイベントにて入賞
2012年6月、WSOPにてブレスレット獲得
Twitter:@key_poker

3月8日に開催されたケムールポーカートーナメント、多くの方に視聴して頂き、ありがとうございます。

私個人としては、中継テーブルに入ってから特に見せ場もなく飛んでしまったのはとても残念でしたが、その後解説に入らせて頂き、熱い戦いを視聴者の皆さんと一緒に楽しむことができました。
また、ハンドが見えた状態で対戦を見ることはほとんどないので、トッププレーヤーたちのハンドからそれぞれの思考を垣間見ることができたのはとても良い経験でした。

また、大会のストラクチャーも自分が作成させていただきました。
豪華なメンバーなので、できる限りディープな戦いになって欲しい。そうした思いで頭を悩ませ作ったストラクチャーです。私は、そのストラクチャーを存分に味わう前に飛んでしまったのですが、ファイナルテーブルまで生き残った参加者と視聴者の皆さんからはかなり好評だったのではないかと思います。

さくっと飛んでしまった参加者からは、

「もっと長く打ちたかった」

との声は複数頂いてます(笑)し、もちろん早いうちに飛んでしまった自分も同感なのですが、1dayトーナメントという時間に限りがあるなかでの勝負ですから、そこは致し方ありません!

ワイプの解説席には小林みやひさん&木原さんがIN。飛び入りで他の参戦者も解説に入った


木原プロが選ぶ2ハンド

ケムール読者の方はすでにご存知だとは思いますが、優勝したのは3MPCのコーチ、青山輝久さん、通称テルさんです。
ヘッズアップでポラえもんさんを逆転して優勝。WSOPメインイベントにケムールポーカートーナメントの代表として出場することになりました。

激戦となったファイナルテーブルから、印象に残ったハンドを2つ紹介したいと思います。

1つ目はこちら。

2年連続WSOP2位の後、昨年ついにWSOPブレスレットを獲得したひゃっほうこと池内一樹さんと、優勝したテルさんのこちらのハンド。

残り5人でセカンドチップリーダーのひゃっほうさんがJJでレイズ、そこにチップリーダーのテルさんがSBから若干小さめの3べット。

テルさんはもともとかなりアグレッシブなプレーヤーで、フロップ以降も非常に強いです。ですからスタック的にもオールインするのがちょうどよいチップ量ですし、間違いがないプレイ。

注目すべきは、このひゃっほうさんの「JJ」というハンド。もしこれが「AA」なら間違いなく勝負するでしょう。「KK」でも納得できます。しかし、「JJ」なのです。上のカードが3枚もあり、全部T以下なら、それはそれでとても怖いボードになりえます。オールインすることが大きなミスになることは絶対にありえません。
また、生配信されているので、もし裏目に出てしまった場合、後から何を言われるかわかりません。オールインして、仮にAKとぶつかって引かれて飛んでも絶対に変な言われ方をすることはないでしょうが、Aが落ちてからベットされたら難しい判断になるという、大きなプレッシャーのかかる場面だったでしょう。

しかし、そんなことはひゃっほうさんは百も承知。ここでひゃっほうさんは、リスクを取ってこの「JJ」をコールに留めたのです!

結果的にはその判断が裏目に出て、このハンドで6のトリップスを引かれ、ひゃっほうさんは飛んでしまいました。しかし、ミスになるかもしれないところに勇気をもって踏み込み、強欲にチップを稼ぎに行く。そのひゃっほうさんの姿勢にとても感心しましたし、その姿勢がWSOPで3年連続でヘッズアップまで進出することに繋がったのだろうと思ったのです。


2つ目のハンドはこちら。

ヘッズアップで、テルさんがリバーでブラフオールイン。まさに勝負の分かれ目というシーンです。
このオールインをポラエモンさんこと、中村多聞さんが

「コール」

と言えば、その瞬間に優勝が確定するというシーンでした。


この判断については、あちこちで議論が起きましたし、結果的にフォールドを選んだポラエモンさんに対する私の辛辣な解説コメントもちょっと話題にしていただけました。
みなさんはどうでしたか?

お楽しみはまだこれから――。

大会を通じて、優勝したテルさんは、フロップ以降のプレイの上手さがとても印象的でした。
一方、2位になったポラエモンさんは、アンティありトーナメントのプリフロップの正確さがとても印象的でした。

通常の配信では、不正防止の観点から放送にディレイが入るのですが、今回は招待制ということで、ディレイなしでの放送でした。そこでは視聴者からのコメントもリアルタイムで流れます。コメントをする方も参加しやすかったのではないかなと思いますし、プレイヤー側も一緒に楽しんでいる感がありました。

これからも参戦者からのプレゼント、そしてWSOPへの参加と、イベントは続いていきます。
木原のプレゼント応募は終了してしまっております(本当にたくさんのご応募ありがとうございます)が、まだ多くの参加者からのプレゼントがあります。
これからも一緒にKPTで盛り上がっていきましょう!

▶いままでの【ケムールポーカートーナメント〜Road to WSOP〜の裏側】
▶【KPT】特設サイトへ

あわせて読みたい

今週のプレゼント