ケムールポーカートーナメントの裏側【フィナーレ:SIDE▶Tell】

ケムール主催のポーカー大会「ケムール・ポーカー・トーナメント(KPT)」!!

・出場者は招待された実力派のポーカープロ
・当日の試合はYouTubeライブでリアルタイム配信
・優勝者には、WSOP出場のための資金1万ドル(+渡航費&滞在費2,000ドル)を進呈
・KPTの優勝者がWSOPに出場し、賞金を獲得した際は、獲得賞金の10%でケムール読者還元企画を実行予定!

フィナーレ=SIDE▶Tell

3月8日に行われた、あの熱闘から約半年ーー。
お待たせしました!!
WSOP(ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー)から、KPT王者の青山輝久(Tell)さんが帰ってきました。

WSOPの中でも最も賞金額の大きいメインイベント「$10,000 No-Limit Hold’em World Championship」と、ラスベガス現地での経験を独占インタビューしていきます!

WSOPのお土産もあるよ!!
9/4から毎週ケムールでプレゼント中!(応募は記事のラストに!)

初めてのラスベガス

3MPCの葛谷さんと

編集部S(以下S)テルさん、WSOP2022への参加お疲れさまでした!

青山輝久(以下テル):お疲れさまでした!

S:本日のインタビューでは今回のWSOPメインイベントの最終結果、そしてWSOPに参加したことで得たこと、感じたことなどをテルさんとご一緒に振り返りながら進めていきたいと思います!よろしくお願い致します!

テル:よろしくお願いします!

S:まずはーー。出発前から懸念していた点からお伺いしたいのですが…

飛行機、大丈夫でしたか?w

 

テル:何とか大丈夫でした!w 今回のWSOPで少し苦手意識が払拭できました!

S:それは良かったです!w

ちなみに現地への飛行機は3MPCの皆様とご一緒だったのでしょうか?

テル:行きの飛行機はKuz(@kuzuyann)さんと一緒に乗りました!
木原さん、Zakiさん、Souzirou、プロポさんとは現地で合流しました。

ラスベガスに行くまでにロスで2泊ほどしたのですが、初のアメリカだったのでみんなで観光も楽しみつつ、そこでもポーカーをプレイしていましたね。

もちろんベガスについてからもポーカー三昧でした!

S:どこにいてもポーカー漬け、流石です!

メインイベント終了! ナマで感じたWSOP

S:さて、そんなテルさんは今回、メインイベント参加費と渡航費・宿泊費の合計12,000ドルを株式会社ライテックからスポンサードされての出場となりましたが、最終結果…
いかがだったでしょうか!?

読者のファンの皆様に最終報告をよろしくお願いします!

テル:はい!

WSOP2022$10,000 MAIN EVENT No-Limit Hold’em World Championship
最終成績は…!

DAY2終盤にてトビましたっ…!

S:はい…、事前に情報は把握していたのですが、改めましてお疲れさまでしたっ…!

テル:出発前に掲げていた目標であるインマネを達成できず…無念です…

精一杯のプレイをしたつもりですが、スポンサー様や応援して頂いた皆様には不甲斐ない結果となってしまい申し訳ありません…

ですが今回WSOPに挑戦する機会を得たことで、様々な経験を積むことが出来ました!これに懲りず今後も挑戦していきたいです!

S:テルさんは今回が初めてのWSOP参加ということで色々感じるものもあったかと思いますが、実際に参加してみていかがでしたか?

テル:メンタル的な話だと、スポンサードを受けての参加ということで緊張するかと思ったのですが、実際はそんなことはなく普段通りにプレイ出来ました。

だからこそ余計に悔しい思いはありますが…

S:メインイベントはロングストラクチャー(120分でブラインド(強制参加費)があがっていくルール)ゲームでしたが、テルさんのようなキャッシュゲーム(強制参加費が上がっていかないルール)をメインとするプレイヤーから見たとき通常のトーナメントとWSOPメインならではの違いなどはありましたか?

テル:まず思ったのは全てのテーブルがそうということではありませんが、プレーヤーのレベル感が、1万ドルバイインのトーナメントとは思えないほど低かったということです。

事前に周囲から聞いていたROI(投資対効果)が150%~200%にあるケースが多いという話にも納得がいきました。プロプレイヤーであればかなりエッジ(スキル差)が出せる環境だと思います。

S:メインイベントということで記念受験のようなプレイヤーも多かったということでしょうか。
そういったお祭りプレイヤー、記念受験プレイヤーなど特有のプレイなどに惑わされたシチュエーションはありましたか?

テル:読みにくいとかはあまりなかったですね、ポーカーはむしろそういったレベル差のある相手からしっかりと期待値を稼ぐゲームだと考えているので。

ヤバかった”最終ハンド”をレビュー

S:そんなWSOPメインイベントですが、今回一番印象に残ったハンドを1つ挙げるなら何でしょうか?

テル:うーん…色々ありましたが、一番というとやはり最終ハンドでしょうか…

最終ハンド 8-max
BLIND:1000-2000-2000
UTG+1 5000 / r(70000)
BU c
SB(hero) 19000 / c
with 99

S:テルさんが先にレイズしたプレイヤーに、99でさらにリレイズをして、そのプレイヤーからオールインが返ってきたのをコールした局面ですね。

テル:オープンレイザーであるUTG+1は、参加率も非常に高く、フロップ以降での大きなミスも何度か犯していたので、99はプリフロップの段階でオールインになっても全く問題ないハンドであったと思います。

アクションとしては3ベット(リレイズ)を返してスクイーズ(2betにコールが1人以上入っている状況で行う3bet)を狙いましたが、そこに4ベット(リリレイズ)オールインが飛んで来まして、コールするとJJをショウされました。

S:4ベットオールインとなると、かなり強いハンドをイメージしてしまうのですが….99でコールに至った要因はなんだったのでしょうか。

テル:オープンプレイヤーが過去UTGからオープンしていたハンドに97oなどの本来参加をしないレベルのハンドがあったりなど、99は喜んでコール出来るレベルのハンドでした。
自身のスタック量的にも99コールせざるを得ない状態でしたし、レイズオールインはむしろ歓迎でした。

結果としてはラストハンドになってしまいましたが…

S:手元からチップがなくなったとき、一体どんなお気持ちでしたか?

テル:とにかく、虚無感がすさまじかったですね…

テーブルを離れた後、すぐにホテルに戻ってうな垂れていました。

最適なプレーをした自信もあった、だからこそ悔しかったですね…

KPT監修者・木原さんがPPCで三位入賞!

S:テルさんの悔しさは察するに余りありますが、KPTの監修をしていただき、3MPCの仲間でもある木原直哉プロがPPC(テキサスホールデム以外のゲームもプレーするポーカートーナメントで、参加費が5万ドル)にて日本人初の3位入賞という結果を残されました!3MPCの仲間としてどう思いますか?

テル:もう、流石ですの一言。

私が思う木原さんの凄いところは、様々な種類のゲームをハイレベルにプレーする所です。
私自身ほぼミックスゲームをプレイすることが無いため本当に尊敬しています。

S:テルさんはミックスゲームはプレイされないのですか?

テル:私は新しいルールを覚えることが億劫でw
それに毎回ルールが違うミックスゲームというのは、ある種知恵比べのような側面があり難しいと感じます。それだけに本当に木原さんは凄いと思います。

それにNLHなどと違って勉強できる資料が少ないのもプレーしない要因の一つですね。NLHと同じくらい環境が整えば始めやすいなとは思うのですが…

S:初参加は苦い思い出になってしまったかと思いますが、参加したことでプラスになったこと、得られた学びのようなものがあったら是非教えて頂けますでしょうか。

テル:直接ポーカーに関わることではないのですが、英語の勉強に対してモチベ-ションが上がりましたね。

実は僕は英語がすごく苦手で、現地選手との交流が不安だったんです。
でも向こうの人は気さくに話しかけてくれる人が多くて、もっとハンドの話やプライベートな話ができたら楽しかっただろうなーと思って。

S:では来年までに英語を勉強してリベンジですね!

テル:頑張りますw

いま一番戦いたいプレーヤーは誰?

S:さて、そんな激闘のWSOP2022でしたが、今回テルさんは第1回ケムール・ポーカー・トーナメント(KPT)の優勝者としてスポンサードを受けメインイベントに参加して頂きました!

テルさん、もし“第2回KPT”が開催されるとなったら、ディフェンディングチャンピオンとして次回も参加していただけますか?

テル:もちろん!ぜひ参加させて頂きたいです!次回も優勝して次こそはWSOPでのインマネを目指します!

S:ありがとうございます!連覇の場合は次回もWSOP参加となりますので、是非今回よりも長く残って頂きたいと思います!w

では、ここでディフェンディングチャンピオンであるテルさんに質問です。

もし、テルさんが「第2回KPTで戦いたい人」として、今回参加されていない方からどなた1名推薦するとしたら、一体どなたをお呼びしますか?

テル:うーん、難しいですね。有名な人ももちろん、一般的にあまり有名でないプレーヤーでも強い方というのは沢山いらっしゃるので…。

とても悩みますが、私が1人選ぶとしたら、Lillianさん(@Lily0727K)ですね。

「ポーカーが強い人」というと多数いますが、そんな中でも経歴の素晴らしさ、「ノーリミットホールデム」の強さ…リリアンさんはもはや国宝レベルです。

S:国宝レベル!?

テル:ことNLHでは日本一ではないかと言われる人です。
強敵になるとは思いますが、ぜひKPTの舞台で戦ってみたいですね。

S:世の中にはまだまだ強いプレイヤーが沢山いるんですね!第二回開催が待ち遠しいです!ありがとうございます!

🎁Tellさんのおみやげが毎週当たります♠

S:それでは最後に、テルさんから読者の皆様に向けて、WSOPグッズのプレゼントです!

テル:はい!今回私が用意しましたプレゼントはこちら!

・ナップサック×1
・マグカップ×3
・キャップ×2
・カードデック(トランプ)×1

S:現地で販売されていたグッズの数々ですね!

テル:特にトランプは実際にWSOPで利用されていたものなのでレア物ですよ!

大会後半になると実際に現地で使われたカードが店頭に並ぶのですが、それと同時期にセールも始まって店頭の商品が一気に減るので、危うく読者の方々へのプレゼントを確保し損ねる所でした…

S:テルさんに頑張って確保して頂いたプレゼントは責任を持って読者の方々へお届けさせて頂きます!
ありがとうございました!

KPTのフィナーレを飾るおみやげプレゼントは9/4から毎週開催中!
最後までお楽しみください!!

あわせて読みたい

今週のプレゼント