【シーシャは合法!】違法性を問われる場合とは?

シーシャは水たばこのことで、定められたルールに従って楽しむことは法に触れません。シーシャ特有のもくもくとした煙はどこかあやしさがあり、もしかするとイメージだけで違法性があるのではないか、と思っている人もいるのではないでしょうか?そこで今回はシーシャの違法性についてわかりやすく解説します。

シーシャが違法ではない理由とは?

シーシャが違法ではない理由とは?
シーシャは、フレーバーがついたシーシャ専用のタバコ葉を熱して煙を発生させ、その煙をシーシャ本体に入れた水にくぐらせてから、ろ過された煙を吸います。シーシャ本体の上部にはフレーバーを入れるボウルが設置されています。

そのボウルをアルミホイルなどで覆い、アルミホイル上で炭を熱することによってフレーバーから煙を発生させるのです。煙は水をくぐってからパイプを通じて利用者の口に入ります。このようなシーシャの楽しみ方を踏まえたうえで、ここではシーシャが違法ではない理由について解説します

「ケムール」では毎週読者プレゼントを実施しています!
……喫煙具・お酒・コミック・TOYなど……
👇 今週は何が当たる?👇

【プレゼントを見る】

シーシャは法律上「紙巻きタバコ」と同じ扱い

シーシャは「パイプタバコ」の一種ではありますが、日本の法律上では紙巻きタバコや加熱式タバコなどと同じ扱いがなされているため、基本的に違法性はありません

シーシャバーやシーシャカフェなど、シーシャを吸えるお店は都市部を中心に増加傾向にあり、法律を守って吸えばまったく問題なく楽しめます。また、携帯タイプの小型シーシャも人気が高まっており、日本国内でもその存在は徐々に浸透しつつあります。

シーシャは国内登録されたものだけを提供できる

シーシャは合法ですが、シーシャ専用のフレーバーは国内ではまだ製造されていないという現状があります。シーシャは輸入時にかかる関税が比較的高いうえ、輸入するにも法律を遵守することが重要です。

また、日本国内で提供できるシーシャのフレーバーは国内登録されているものに限られるため、シーシャを提供する側にも高い遵法意識が求められます。

シーシャが違法性を問われるケース

シーシャが違法性を問われるケース
シーシャは誰が吸ってもどのように提供しても合法というわけではありません。法律に定められた範囲内で利用しないと、もちろん違法性を問われます。

シーシャにはニコチンを含まない種類もあるため、ニコチンフリーのシーシャについても注意が必要です。ここでは、シーシャが違法性を問われるケースについて解説します。

シーシャは未成年者が吸うと違法

シーシャは「パイプタバコ」の一種ですが、法律的には紙巻きタバコや加熱式タバコと同じように扱われています。そのため、日本国内では未成年者がシーシャを吸うことは違法です。シーシャバーやシーシャカフェは各地で増えていますが、入店時に身分証明書で年齢確認を義務づけているお店も少なくありません。

ニコチンフリーのシーシャなら未成年も喫煙可能?

シーシャのフレーバーの中には、「decloud(デクラウド)」という種類があり、デクラウドにはニコチンが含まれていません。フルーツを主な原材料とするデクラウドは一見すると未成年が吸っても問題なさそうです。

しかし、タバコの代用品という位置づけである以上、日本の法律下では吸うと違法になります。「ノンニコチンのシーシャだから大丈夫」などと声をかけられても、未成年者が吸うと法律違反となるので注意が必要です。

無許可でシーシャを提供する店は違法

シーシャを楽しむサービスの提供店はシーシャバーやシーシャカフェなどが多いです。このようなシーシャサービス提供店は「喫煙目的店」として営業することが義務づけられています。また、喫煙目的店として営業するためには、「たばこ販売許可」「飲食店営業許可」のほか、消防署へ届出も必要です。正しく認可されずにシーシャの提供を行うお店は違法営業となるので注意しましょう。

「喫煙目的施設」以外でのシーシャ利用に注意

「喫煙目的施設」以外でのシーシャ利用に注意
シーシャを提供するお店は、定められた申請をして認可を受け、国内登録された輸入フレーバーを利用する必要があります。法の範囲内の食べ物などを提供することについても厳守しなければなりません。現行の「受動喫煙防止法」では、喫煙者が正しい場所で正しく喫煙することを重視しています。

そのため、お店側が法を守ることはもちろんですが、シーシャ提供店を利用する人も免許を有しているお店かどうか、年齢確認や換気を怠っていないお店かどうかを確認のうえ利用することが重要です。

シーシャの体への影響は?

シーシャの体への影響は?
シーシャは日本の法律の中では、紙巻きタバコや加熱式タバコと同じように扱われていることを先述しました。シーシャはタバコの葉を原材料として作られたものなので、紙巻きタバコなどと同様、ニコチンをはじめとする有害物質も含まれます。ここでは、シーシャが健康面に及ぼす影響や、心身にもたらすメリットについて解説します。

シーシャは紙タバコよりもダメージが少ない

シーシャはタバコの葉を煮たり蒸したりした後、香料で香りづけされます。この製造過程で、ニコチンなどの有害物質はかなり洗い流されてしまうという事情があるほか、発生した煙も一度水をくぐってから人の体内に入るため、刺激がやわらぐのも事実です。

もちろん有害物質がすべてなくなるわけではないので、体にダメージがないわけではありません。吸い過ぎには十分な注意が必要です

シーシャにはメリットもある

シーシャにはフルーツ・フローラル・ハーブなど、幅広いフレーバーの種類があります。シーシャを吸うと、シーシャならではのもくもくとした煙とあいまって、香りが心身をリラックスさせる効果が期待できます。また、シーシャによってリフレッシュした後は、集中力が高まる効果も期待できるでしょう。

まとめ

国内で登録されているフレーバーを使うのであれば、シーシャそのものに違法性はありません。リラックス効果が期待できるシーシャは、気分転換したいときなどにうってつけです。

しかし、法律的には紙巻きタバコなどと同じ扱いを受けているため、未成年が吸うことは禁じられています。所定のルール内で営業を行っていない飲食店などでシーシャを提供することも違法になるため、注意が必要です。

「ケムール」では毎週読者プレゼントを実施しています!
……喫煙具・お酒・コミック・TOYなど……
👇 今週は何が当たる?👇

【プレゼントを見る】

あわせて読みたい

今週のプレゼント