【2022年最新】VAPE(ベイプ)の人気おすすめ機種5選!種類や特徴による選び方を紹介

VAPEはさまざまなリキッドを楽しめる電子タバコの一種。リキッドを変えるだけで、さまざまな味を楽しめるのが魅力です。

この記事ではVAPEの種類や特徴、フレーバーの選び方・おすすめのVAPEリキッドを紹介します。

VAPEとは?VAPEの構造と最新のVAPE事情を解説


VAPEとは、さまざまな味・香りのミストを楽しめるタバコの代用品として人気の電子タバコの一つ。

専用の液体「リキッド」を電気熱で気化させ、その蒸気を吸い込む仕組みで、ニコチンやタールが含まれていません。VAPEの吸い心地はタバコに近く、減煙・禁煙ができると一躍人気になったアイテムです。

デバイス別・VAPEの種類


VAPEにはさまざまな種類のデバイスがあり、デバイスによってリキッドの補充方法やミストの多さが変わります。

VAPEの特徴や価格に応じて、使い勝手の良いVAPEの種類を選びましょう。

リキッド式

リキッド式VAPEとは、本体のタンクにリキッドを注入して使用する形式のVAPEです。自由にリキッドのフレーバーを変えられることで、さまざまな味を楽しめるのが特徴。

本体のタンクにリキッドを注入する必要があり、また定期的にVAPEのパーツを洗浄・交換するメンテナンスの手間がかかります。

しかしその分高機能な機種が多く、VAPEに慣れてきた人におすすめしたい種類です。

BOX式

BOX式VAPEとは、アトマイザーに入れたリキッドを気化させて吸引する仕組みのVAPEです。バッテリーが長持ちするため、外にいても使いやすいことが特徴です。

バッテリーが大きいためやや大型ですが、会社などで吸いたい方には便利でしょう。

また、リキッドを入れるアトマイザーが大きめで、一度に吸える水蒸気の量が多く満足度も高いです。

高機能なBOX形VAPEも発売されており、禁煙用に煙を多く発生させられるデバイスもあります。

PEN式

PEN式VAPEは、携帯性に優れており、なかには胸ポケットに入れられるほどスマートな機種もあります。名前の通りペン型のVAPEで、購入後にすぐに吸い始められる手軽さが魅力です。価格は3,000円程度から購入できるため、VAPEをお試しで購入したい方にもおすすめ。

機種によって煙の量を選べるため、禁煙対策としてVAPEを利用したい方にも愛用されています。

POD式

POD式VAPEは、リキッドタンク・アトマイザー・コイルがPOD(ポッド)の中に一体化しています。リキッドを吸い終わるたびにPODを交換しなければなりませんが、コイルの交換・パーツ洗浄の手間がないため手軽に利用可能です。

吸い口に口をつけて吸い込むだけで水蒸気が発生する仕組みのため、吸いたいときにすぐに水蒸気を吸えることもメリットです。

カートリッジ式

カートリッジ式VAPEとは、使い切りのカートリッジを装着して水蒸気を発生させるタイプのVAPEです。購入後に充電を行い、カートリッジを装着するだけで吸え、メンテナンス等が不要なため初心者でも扱いやすいでしょう。

リキッドの種類がやや少なく、カートリッジ購入頻度によってはややコストが高くなる可能性があります。

使い捨て式

使い捨て式VAPEとは、やや薄めの形状をしていて、リキッドを吸い終わったら捨てて新しい本体を購入するタイプのVAPEです。メンテナンスが全くいらず、リキッド交換の手間もありません。

操作も簡単で、キャップを外して吸うだけで水蒸気が発生します。ただし、使い捨てのためリキッドを途中で交換したりはできない点がデメリット。また、使うたびに新たに購入する必要があり他の機種と比べてややランニングコストがかかる点にも注意しましょう。

VAPE選びで押さえておきたい特徴4選


VAPEの種類が多すぎて、どれを選べば良いか迷っている方もいますよね。

自分に合うVAPEを選ぶためには、ここから説明する4つのポイントを重視しましょう。

  • バッテリー容量
  • ミスト量
  • 味の濃さ
  • フレーバー

VAPE選びのポイントについて詳しく解説しますので、VAPE選びで困っている方は参考にしてみてくださいね。

1.バッテリーの容量

VAPEを選ぶ際に重視すべきは、バッテリー容量です。コンパクトなPEN型・カートリッジ式のVAPEは、それだけバッテリー容量が少なくなります。その点BOX型VAPEはサイズ的には他シリーズより大きいものの、バッテリー容量が多いため充電のもちが良いのが特徴です。

デスクワークが多い方はデスクでこまめに充電できますが、外出が多い方は充電切れで吸えないと困るはず。

バッテリー容量が大きいものは価格もやや高めですが、充電もちが圧倒的に良いのがメリットです。

外出が多く外で吸いたい方は、BOX型の大容量バッテリーのVAPEを選ぶと良いでしょう。

2.ミスト量

VAPEはデバイスごとにミストの量が異なり、吸いごたえを強く感じるものとそうでないものがあります

リキッド式のVAPEはミストの量が多く、タバコのような吸いごたえがある点が人気です。

特に禁煙を考えている方は、ミストの量が多いVAPEを購入しましょう。選び方としては、デバイスごとに設定されているコイルの”抵抗値”を参照してください。

コイルの抵抗値が1オーム以上のデバイスはミストを発生させる力が強いため、比例してミストの量も多くなります。

3.味の濃さ

VAPEにはさまざまなフレーバーがあり、デバイスによってフレーバーの味の濃さが変わります。口の中にダイレクトにフレーバーが広がるため、メンソールがお好みの方は味の濃さが強いタイプを選ぶのがおすすめです。

味の濃さで選ぶとミスト量が少ないのではと心配な方もいると思いますが、どちらも一定の吸いごたえはあるため、好みで選ぶと良いでしょう。

一般的に味の濃さが強いと言われているのは、POD式のデバイス。フレーバーが非常にはっきりと口の中に広がります。

4.フレーバー

VAPEのフレーバーは大きく分けて以下の5種類です。

  • タバコ系
  • メンソール系
  • ドリンク系
  • フルーツ系
  • スイーツ系

タバコ系は、文字通りタバコの吸いごたえを再現したフレーバー。メンソールは刺激が強めで、爽快感を得られるフレーバーです。ドリンク系・フルーツ系・スイーツ系は、フレーバーごとに甘みがある濃厚なミストを楽しめます。

【最新版】フレーバー別!味を楽しみたい方におすすめのVAPEリキッド5選


VAPEの味を楽しみたい方向けに、おすすめのVAPEリキッドを5種類紹介します。

最新機種の情報も掲載していますので、VAPE選びで迷ってしまう方は以下の5つのデバイスから選ぶと良いでしょう。

BLACKWOOD「DUKE」

BLACKWOOD「DUKE」は、本物のタバコ風味を再現したリキッドブランドです。ニコチンが含まれているため、満足度はタバコとほぼ同じ。

タバコ特有のイヤなニオイがない点もメリットです。タバコのフレーバーを忠実に再現しており、タバコからVAPEへ切り替える方でも満足感が高いリキッドと言えるでしょう。

白霞 HAKKA「中辛 Best」

白霞 HAKKA「中辛 Best」は、vape studioが開発したピュアメンソールフレーバーのリキッドです。
タバコのメンソールの味を再現しており、口の中にクリアなメンソールフレーバーが広がります。

きつすぎるフレーバーではなく、フルーティな風味もあるため、ずっと吸っていても飽きない味。リピート率も高い人気のVAPEリキッドなので、ぜひ試してみてください。

BADBULLS「バッドブルズアイス」

BADBULLS「バッドブルズアイス」は、マレーシアブランドのリキッド。超有名なエナジードリンクの風味を忠実に再現しています。

清涼感が強いフレーバーで、病みつきになるドリンク系の味が非常に好評。吸いごたえも高く、刺激が強めなので、強いメンソール・フレーバーが好きな方におすすめです。

TOS JUICE「SPIRIT LYCHEE」

TOS JUICE「SPIRIT LYCHEE」は、ライチ味のフルーティなフレーバーを楽しめるVAPEです。新鮮なライチを思わせるみずみずしい味を楽しめ、vape studioの人気ランキングでも常に上位をキープしています。

甘みが強すぎず爽やかな甘さを感じられるリキッドのため、飽きが来づらいVAPEリキッドです。

CREAMY MANIA「ストロベリーチーズケーキ」

CREAMY MANIA「ストロベリーチーズケーキ」は、ハーゲンダッツのストロベリーチーズケーキの風味を再現したVAPEリキッドです。

コクのあるチーズケーキの爽やかさと、ストロベリーの酸味と甘み、バニラ風味を濃く感じられます。甘めの味が好きな男性や、バニラ系のタバコを愛用している方におすすめです。

豊富な味わいと強い爽快感を味わいたい方には「KAMIKAZE」

ここまで5種類のVAPEリキッドフレーバーを紹介しましたが、メーカーがたくさんあり、海外品を通販で入手しなければならないため少し不安な方もいますよね。

そんな方におすすめなのが、日本で気軽に購入できる「KAMIKAZE」リキッドです。VAPEリキッドのなかでも非常に人気のメーカーで、1,000円弱と安い金額で購入できます。

純国産で安心して使用でき、なんとフレーバーの種類は39種類。

タバコ系からスイーツ系まで幅広いリキッドを展開していますので、初めてVAPEを買う方でリキッドを楽しみたい方は「KAMIKAZE」でリキッドを購入してみましょう。

2022年10月には、新たに使い切りスムースビップシリーズとコラボしたスムースビップ×KAMIKAZEが発売されました。フルーツ系〜メンソール系まで6種類のラインナップがあり、約500回もの吸引回数を誇っています。
【スムースビップ×KAMIKAZE】

出典:スムースビップ×KAMIKAZE

最新のVAPEを楽しもう

VAPEはタバコの代用品としても愛用されているデバイスで、リキッドを吸い込んでさまざまなフレーバーを楽しめます。機種選びに迷う方は、記事内で解説したデバイスの特徴を参考にしてみましょう。

また、VAPEの魅力はフレーバーの多さ。記事のなかでおすすめフレーバーを紹介したので、好みに合わせてフレーバーリキッドを選び、VAPEを味わってみてください!

あわせて読みたい