スイーツマニアの激辛(?)シュガートリップ〜韓国(甘口)〜

世界を旅するスイーツマニア「あゆまっくす」

40か国分のスタンプは女の勲章

はじめまして!
海外旅行とスイーツが大好きな あゆまっくす です。
2012年に初めて行ったハワイでどっぷりと旅の魅力にはまってしまい、コロナ前までは暇さえあれば海外に飛ぶ生活をしていました。

当時のスペックはこんな感じ。↓

年齢:30代前半
職業:デザイナー、インスタグラマー、ときどきライター
好きなもの:スイーツ、ひとり旅、絶景、猫
嫌いなもの:辛いもの、虫
訪問国数:40か国
旅のスタイル:基本ひとり、低予算、弾丸多め、キラキラよりもアドベンチャーを求めがち英語力:ゼロ
コミュ力:ゼロ

この「スイーツマニアの激辛(?)シュガートリップ」では女ひとり旅(たまに友人も一緒に)ならではの苦悩、英語が話せないが故に起こったトラブルなど…「激辛」なエピソードを交えつつ、赤裸々に語っていけたらと思います。
たまに甘々だったり、中辛だったりすることもあるかもしれませんが、それはご愛嬌ということで!笑
今回は、数年前まだ海外旅行初心者だった頃に友人と一緒に行った韓国旅行のお話を。

出発のとき。一番ワクワクする瞬間!

【土砂降り】ソウル街歩き【びしょ濡れ】

お買い物天国の「ロッテマート」

スーパーマーケットはお土産の宝庫

残念ながら天候には恵まれず、3日間激しい雨が続きました。
雨でも楽しめるスポットの代表格がこちら、ソウル駅に隣接の最強立地!巨大スーパーマーケット「ロッテマート」
お土産の定番「韓国のり」や「ホットク」が簡単に作れるミックス粉、人気の「ブラウニー」など、リーズナブルで配りやすいアイテムが所狭しと並びます。

韓国のり特設コーナー

日本人になじみのある味で、誰にあげてもハズレなしの韓国のり。
様々なパッケージのものがずらりと並んでいますが、正直どれを選んでも味は似たり寄ったりなので、直感で選びましょう!

本場のプデチゲ!「チョルピョン ブデチゲ」

ブデチゲの「ブデ」とは「部隊」の意

続いてはランチ。雨に打たれて凍えた(夏なのに)一行は、映画「猟奇的な彼女」のロケ地になったことでも有名な「チョルピョン ブデチゲ」へ。

嵐も旅猿メンバーもご来店 豪華
目の前でお店のおじちゃんが作ってくれる

なんと、このボリュームが約ワンコイン(¥500)で食べられちゃう!
もちろんラーメンやごはん、キムチも付いてきます。お得…!
わたしは基本的に辛い物が苦手なのですが、寒かったからか妙においしく感じました。ジューシーなソーセージがたまらない。


明洞に溢れる日本語

観光客の多いエリアでは日本語が通じるお店が多く存在する。
韓国名物のひとつ、「美容整形外科」も日本語OKなところが多いです。韓国語がわからなくても安心。

東南アジアでよく見る街角の干物屋さん

モダンなソウルの街の中で垣間見える生活感。このバランスがアジアの面白いところ。

ソウルはカフェ天国!

フルーツたっぷりのパッピンス「ホミルパッ」

やはり女子&カップル率が高かった

チゲ鍋で温まった後はデザートを求めてすぐ近くのパッピンス専門店「ホミルパッ」へ。
ピンスとは韓国風かき氷のこと。一般的なイメージのかき氷とは違い、アイスクリームやカラフルなフルーツ、小豆やシリアルなど様々なトッピングを選ぶことができ、なんと中には大福やケーキをトッピングしたものまで!乙女心をくすぐられずにはいられないデザートなのです。

シンプルなものからトッピングもりもり系まで種類は様々

わたしがオーダーしたのはこちら、ミルク味のふわふわかき氷をベースに、バニラアイス、フレッシュフルーツをもりもりとトッピングした贅沢な一品。

小豆は別添えで味変できるのが嬉しい

なかなかのビッグサイズなので、一人で食べきれるかな…?と不安だったけど、酸味のあるフルーツに小豆がよく合って、食後なのにぺろりと完食してしまった。
当たり前ですがほとんどが氷とフルーツなので、カロリーも控えめなのが嬉しいポイント!

カロスキルのおしゃれカフェのパンケーキ「The Flying Pan White」

何から何までしゃれている

2日目のランチにやってきたのはとーーってもおしゃれなカフェ「The Flying Pan White」
お友達はみんな焼肉を食べに行くとのことで、わたしは単独行動です(協調性ゼロ)。

このリコッタ量は日本では見たことがない

食べたかったのはこちら!リコッタチーズたっぷりのパンケーキ。
自然な甘みを感じられるミルキーなチーズと、ふわふわの生地がよく合っていて絶品なパンケーキでした。
カタコトの英語でのやりとりだったけど、女の子のスタッフがとても感じのよい子でいい時間が過ごせました。おすすめ!

日本ではもう食べられないドーナツチェーン「ダンキンドーナツ」

このロゴに見覚えのある人もいるのでは?

世界では圧倒的人気を誇るドーナツチェーン「ダンキンドーナツ」
その昔日本にも存在していたのですがミ〇ドとの競争に敗れ、1998年には日本市場から撤退してしまった悲しい歴史があります…。
韓国では断トツ人気のドーナツチェーンで、ヤンニョムチキンやチャプチェが入った韓国ならではのドーナツも売られています。


帰りのフライト前に抹茶あずきとキャラメルナッツを購入。

正直味はフツーです。フツーにおいしい。空港や街なかなどあらゆるところに出店しているので、見かけたら一つ買ってみるのもいいかも。

激安ツアーホテルの実態

格安パックツアーに記載されている「ソウル市内エコノミークラス」とは

ここまでは韓国旅行の明るい部分を紹介してきましたが、もちろん楽しいことばかりではありません。
韓国旅行は「格安ツアー」なるものが多く存在しており、時期によっては1万円を切るなど、国内旅行よりも安く行けてしまう場合もしばしば。
しかし、安さにつられてよく確認せずに申し込んでしまうと、後で後悔することになるのです…

いちいち遠い

まず、中心部からホテルまで時間がかかること。観光客に一番人気の繁華街、明洞エリアからは電車で15分、駅から歩いて15分。日本だったらさほど遠くない気もしますが、土地勘のない場所(しかも土砂降り)で迷いながらホテルを目指すと、それはそれは遠く感じるのです。

ホテルではなくまさかの…

レトロといえばレトロ

ようやくたどり着いて、案内された部屋がこちら。
……。
このカーテンにこの壁紙。実家感満載のガラス窓。昭和を感じる鏡。

そしてなんとな~く違和感を覚えたのですが、Google Mapに書かれたレビューを見てみるとこんなものがありました。


「モーテル」とは韓国では日本で言うラブホテルのこと。
ホテルではなく、まさかのモーテルだったのです…。
ただラブホテルといえども日本のものとは扱いが違っていて、ふつうに健全な予約サイトの一覧に表示されていたりする。少々治安に不安はあれど、相場より宿泊費が安いこともあり予算を抑えたいバックパッカーの強い味方でもありますね。

センスはさておき、においがきつい。タバコとキムチが入り混じったような、独特の強い香りが部屋中に漂っています。(おそらく全室喫煙可なんだろうなぁ…)


韓国語→日本語翻訳のクオリティの関係で意味不明な部分もあるけれど、清潔でないこと、たばこのにおいが感じられるのは確かなよう。

何故この配置にしたんだ

ほぼ100%の確率でトイレットペーパーがびっちょびちょになる構造のバスルーム&トイレ。意外にも水圧は問題なし。
においとか、センスとか、あくまでもわたし個人の感想です。においが気にならない人もいるでしょうし、この部屋が居心地よく感じる人もいるでしょう。
旅慣れた今では想定の範囲内と言えるけど、当時は結構衝撃だったな。

韓国旅行まとめ

韓国旅行はこんな人におすすめ

★インスタ映えスイーツが好きな人
ソウルはインスタ映えの宝庫!特に弘大(ホンデ)はおしゃれカフェの激戦区とも言われていて、いつも観光客や地元の女の子たちでにぎわっています。

★美容に興味がある人
韓国の美容整形は腕がよく、なおかつリーズナブルな価格で施術できることで有名。
整形以外にも美容皮膚科や美容歯科での「美活」が大人気。韓国コスメやマッサージも外せない。

★気軽に海外旅行に行きたい人
韓国の魅力は何と言ってもその近さと安さ。金曜日の夜に日本を出発し、日曜日の夜に帰国すればまるっと週末を韓国で過ごせちゃいます。旅行会社のパックを利用すれば低予算で行けるので(ホテルには要注意)学生さんにもおすすめ。

今回の旅を振り返る


この頃のわたしはまだハワイとグアムにしか行ったことがない海外旅行超超超初心者。
大手旅行会社のパッケージでの旅行だったこともあり、モーテルに泊まるという貴重な経験はできたものの、特に大きなハプニングもなかったので今回の旅は「甘口」です!
この旅行以降、あゆまっくすの旅はどんどん過激さを増していきます。
次回は「北朝鮮」へシュガートリップ!

Instagram:https://www.instagram.com/ayumax666/